So-net無料ブログ作成

国立西洋美術館で「開館60周年記念 松方コレクション展」を観てきた!? [美術館]

国立西洋美術館で「開館60周年記念 松方コレクション展」を観てきました。
いつだったか平日に見に行ったのを記事にするのを忘れていました。
ずっとあれ書き忘れているような気が・・・と思っていたらコレでした。

DSC_4216 (520x293).jpg

昼過ぎだったので、そんなに混んでいなかった。

DSC_4163 (520x293).jpg

そもそも、松方コレクション自体は、西洋美術館の常設展示の一部といってもよいものなので、それほど目新しさを感じられないはず!というのが西洋美術館のコレクションをちょっとかじった人の想い。私もそれ。ただ、まとめてみること自体が展覧会の醍醐味でアルことを今回改めて感じました。

展示の構成は以下のよう
プロローグ
 松方の肖像やモネから直接買い付けた睡蓮などを展示
第1章 ロンドン1916-1918
 ロンドンで戦争で必要となるだろう既成ボートを先んじて作り大儲け
 友人となった画家フランク・ブラングィンの助言もあり美術館構想を膨らませる
第2章 第一次世界大戦
第3章 海と船
 元船乗りのフランク・ブラングィンの船の作品など
第4章 ベネディットとロダン
 ロダンの絵画・彫像など
第5章 パリ1921-1922
 パリに行って爆買いした作品。モネなどの印象派や後期印象派など
第6章 ハンセン・コレクションの獲得
 コペンハーゲンのハンセンコレクションを手に入れる。マネやドガなど。
 金策に困った松方は日本でこれらを手放す。
 そのおかげで財閥やらの企業にいまでも収蔵されているものを借りてきている。
第7章 北方への旅行
 ムンクなど
第8章 第二次世界大戦と松方コレクション
 第二次大戦後、日本に返還されたコレクション。
 しかし重要と思われた作品についてはパリに撮り置かれたままだった。
 それらの作品を今回展示。作品の重要性など本物を見ると伝わってくるね(^_-)-☆
エピローグ
 テレビでも紹介された、モネの睡蓮復元の画

とにかく、作品点数が多いです。155点+アルファもあるので疲れます。
それと同時に胸にあふれる感動も積もっていきますけれどね(^_-)-☆

公式サイト:https://artexhibition.jp/matsukata2019/


そのあともちろん常設展示も満喫。

いつみてもこれらの作品は観ていて落ち着く。

DSC_4166 (293x520).jpg
DSC_4167 (293x520).jpg
DSC_4207 (520x293).jpg
DSC_4208 (293x520).jpg
DSC_4212 (520x293).jpg
DSC_4213 (520x293).jpg


そして、もうひとつの展示

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

文字通りフィンランドとの外交樹立100周年を記念とした女性芸術家の展示
「この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。」だそうです。(ホームページより)

女性の画家ごとに作品を紹介している展示がいとよろし

マリア・ヴィーク
ヘレン・シャルフベック ・・この方だけは展覧会を観たことあった;;
エレン・テスレフ
シーグリッド・ショーマン
エルガ・セーセマン
シーグリッド・アフ・フォルセルス
ヒルダ・フルディーン

やさしい視点の作品が多かった。

DSC_4180 (520x293).jpg
DSC_4181 (520x293).jpg
DSC_4176 (520x293).jpg
DSC_4175 (520x293).jpg


第二展示として彼女たちのスケッチの展示

DSC_4199 (293x520).jpg

DSC_4201 (520x293).jpg

DSC_4202 (520x293).jpg

かわいらしい作品がおおかった。

公式サイト:https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019modernwoman.html

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

山種美術館で「生誕125年記念 速水御舟」展を観てきた!? [美術館]

山種美術館で「生誕125年記念 速水御舟」展を観てきました。

DSC_4247 (520x293).jpg

週末けっこうな雨が降っていたのですが、、
グーグルマップですごいこと見つけてしまったので行ってきた。

大発見!!!

恵比寿からの登りがキツイのが玉にきずだった山種美術館。
なんと!表参道から行けば、ほぼ下りだけで行けることを発見。
しかも根津美術館の交差点で曲がったら1本!直線で行ける。

展覧会にもどるが、広尾に引っ越して10周年ということで、国内で一番速水御舟作品を保有する山種美術館だからこそ!ここにコレを持ってきたか~という展示でした。

展覧会構成はこんな感じ。狭いから内容もギュッと凝縮しています。

第1章 画塾からの出発
第2章 古典への挑戦
第3章 10ヶ月にわたる渡欧と人物画への試み
第4章 更なる高みを目指して

写真撮影は「翠苔緑芝」の屏風のみ

絵の具のひび割れも考慮してつくったという紫陽花の花びら。すごかったです。

DSC_4264 (520x293).jpg

といいつつ、黒猫ちゃんの可愛さに萌えた。

DSC_4259 (520x293).jpg

メインは別室の「炎舞」
蝶も素敵だったが、煙の渦巻き加減がとても薄クルクルなとこが絶妙。

で、今回は大雨ということもあり、日曜午後なのにカフェが空いていた。
山種美術館のカフェは、企画展示を題材にした和菓子が目玉。

DSC_4265 (520x293).jpg

私は抹茶と「翠苔緑芝」を題材にした「緑のかげ」

DSC_4266 (520x293).jpg
DSC_4267 (520x293).jpg

満足満足。。雨もいいもんだ☆

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

三菱一号館美術館で「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展を観てきた!? [美術館]

三菱一号館美術館で「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン」展を観てきました。

仕事で近くまで行ったので初日に観てきちゃった!?

DSC_4242 (520x293).jpg

軽くてしなやかな「デルフォス」(繊細なプリーツを施した絹のドレス)で一躍20世紀初頭の服飾界の寵児となったマリアノ・フォルチュニ(1871-1949)。(公式サイトより引用)
芸術家一家に生まれた彼のデザイナーの顔だけでなく絵画、版画、写真、舞台などの生涯わたっての芸術家人生のすべてを余すところなく展覧会にしたものである。(どうしてもスクール☆ウォーズ調;)

何十年も前のデルフォスがたくさん展示されていた。本当に女性のフォルムを美しく映し出すドレスです。私は黒とシャンパン色がキレイと思った☆
こんなん現代で持っている人いるのかなぁ、シルクだから超高価なんだろう、、と思うとともに、都市の新しい生活のためクルクルねじって箱に収納するというのがウケたんだそうです。

おそらく、時代背景的にも誰もが知っている、ホテルアドリアーノのマダム・ジーナは舞台でこれを着て歌っていたんだろうなぁ~と妄想しちゃったさ(^_-)-☆

マルチな才能を持て余す人っていうのはやはりどの時代も輝いているモノを残すなぁとしみじみ感じた(^_-)-☆

雨気味だったので、直通エレベで帰った。

DSC_4246 (520x293).jpg

公式サイト:https://mimt.jp/fortuny/


==追記==
ミュージアム・ショップでこんなもん買ってしまった。

ここはヴァロットンをたくさん保有しているのだが
まさかこんなもん作るとは・・・・

「蕎麦猪口」

IMG_1633 (520x390).jpg

じつはこれ2つで上下に一つの画になっているんです。
裸の女性がベッドにうつぶせになりながら、片手でネコとじゃれている「怠惰」ですね☆

ひとりでこれ見てニヤニヤしています。
作品自体はとっても色っぽい内容なんですがね(^_-)-☆
蕎麦でも素麺でもこれですすりたい!?

nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

ポーラ美術館で「印象派、記憶への旅 モネ、ゴッホ、マティス、ピカソ・・・。」展を観てきた!? [美術館]

ポーラ美術館で「ポーラ美術館×ひろしか見術館 共同企画 印象派、記憶への旅 モネ、ゴッホ、マティス、ピカソ・・・。」展を観てきました。

DSC_4157 (520x293).jpg

年に一回仕事で近くまで行くので、帰りに立ち寄って観た。
けっこう楽しみにしていた展覧会。
近くに来るのを待っていたのでスーパー満足でした☆

DSC_4115 (520x293).jpg

企画展は、2フロアに分かれていて、地下1階の第一会場は[カメラ]撮影自由。

基本的には、同じ画家の作品で似たイメージのものをポーラ美術館とひろしま美術館のものを並べて展示しています。それだけでワクワクしますよね(^_-)-☆

Ⅰ 世界のひろがり ー 好奇心とノスタルジー
Ⅱ 都市への視線 ー パノラマとポートレート
Ⅲ 風景のなかのかたち ー 空間と反映

シスレーの「サン=マメス」
DSC_4130 (520x293).jpg

モネの「セーヌ川の朝」これは、、誰もが足を停めましたね。
この朝焼けの美しさ水面に対称的にうつる朝焼け。息をのみます。
DSC_4138 (520x293).jpg

Ⅳ 風景をみたす光 ー 色彩と詩情

モネの「睡蓮の池」ポーラ作品だけど何度見てもいい。
DSC_4141 (520x293).jpg

作品ごとに背景を鮮やかなものに変えているのがステキな演出です。

アンリ・ウジェーヌ・ル・シダネルの3作品。
DSC_4149 (520x293).jpg
三本のバラは素敵すぎました。

ここでラストオーダになるので、遅い遅い昼食。
この日はレストランです。ここはどうしても香草焼きを食べたくなる。

DSCPDC_0001_BURST20190620154611645_COVER (520x293).jpg
DSC_4152 (520x293).jpg
DSCPDC_0002_BURST20190620160346852 (520x293).jpg
DSC_4154 (520x293).jpg

おなかも膨れて、鑑賞再会。

地下2階の第二会場
Ⅴ 記憶への旅 ー ゴッホ、セザンヌ、マティス
こちらは写真なし。
話題のゴッホの「草むら」が展示。額がはずされていました。

とてもシナプスを刺激される展覧会でした。
あー、このあと続くひろしま美術館のほうも行ってみたいなぁ。


常設の「ポーラ美術館の絵画:日本の洋画」も名作ぞろいでゆっくり堪能できました。

公式サイト:https://www.polamuseum.or.jp/sp/ilm/


==おまけ==

その1、
箱根の美術館手前でイノシシの親子に出くわしました。
猪突猛進されるといやなので刺激しないように通り過ぎました。

DSCPDC_0003_BURST20190620142655253_COVER (520x293).jpg

その2、
今回いつものようにカフェに行かなかったのは・・・
その前に立ち寄ったカフェで富士山モンブランを食していたから。

DSC_4076 (520x293).jpg
DSCPDC_0001_BURST20190619155705711_COVER (520x293).jpg

本当に素敵なカフェで、晴れていればこのテーブル越しに富士山が見えるのだそうです。

DSC_4063 (520x293).jpg
DSC_4072 (520x293).jpg

そうそう片隅に展示の絵画もすばらしくて、店の雰囲気にすごくマッチしていた。

DSC_4059 (520x293).jpg
DSC_4070 (293x520).jpg

帰りに店員さんに聞いていみたら、中国の画家でティンシャオカンさんの作品。
ベトナムとかでこの画風の作品を多数手に入れてきたのだそうです。
見たことある作風だったけど、全く知らんかった(^^;

初老のオバサマ二人で営んでいるようでした。とても感じがいいお店だった。

DSC_4057 (520x293).jpg

函南「Tea & cake 遊」といふカフェでした。。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

変わる。 [美術館]

今、ボケっと日曜美術館を観ていたら・・・
京橋のアーティゾン美術館・・・・とあった。
???京橋と言えば、ブリヂストンのハズ。

なんと!改修・開館と同時に改名もしちゃうんだそうです。
来年1月に開館見込みとのことです。
#去年の9月には発表されていた・・・;;

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18402
https://skyskysky.net/construction/201916-1.html

どこかで読んだ気もしたが、すっかり頭の片隅から飛んでた。


あと、長年ときどき買っていた「日経おとなのOFF 」休刊となるとのことです。ボーっと読んでいたら巻末にシレっと書いてあった。(一か月も気が付かなかった;;)

思えば創刊号から常に「ときどき」購入していたおとなのOFF。
ときどきしか買わないから休刊になってしまうのだよ!)
今後は「絶対に見逃せない美術展」などの美術・教養関連に特化した刊行物を不定期で発行するとのことです。残念。

日経おとなのOFF 2019年 6 月号

日経おとなのOFF 2019年 6 月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2019/05/07
  • メディア: 雑誌


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

アーツ前橋で「やなぎみわ 神話機械」展を観てきた!? [美術館]

アーツ前橋で「やなぎみわ 神話機械」展を観てきました。

DSC_3937 (520x293).jpg

やなぎみわさんは、どこかで「エレベーターガール」のシリーズを拝見してそれ以来心の片隅にいるアーチストさん。

DSC_3945 (520x293).jpg

神話機械は、マシンによる体験型の小劇場。不思議な空間が広がっていました。

DSC_3944 (520x293).jpg

彼女のこれまでの足跡である「フェアリーテイル」や「グランドマザーズ」が展示されていました。グランドマザーズは、それこそ人生の後半に挑むグランマの写真とその生きざまの文章が添えられておりとても興味深い内容だ。これもっと見たいと思った。

もちろん。「1924」「エレベーターガール」の展示もありましたよ。



アーツ前橋自体は、前進のデパートをリノベーションしたもの。そこに地域発進と教育の場として芸術スぺースが作られたということである。

DSC_3955 (520x293).jpg
DSC_3960 (520x293).jpg
DSC_3954 (520x293).jpg

そして、カフェで一休みしようとカウンターで選んでいると。。。。

DSC_3949 (520x293).jpg

なんと今回の展覧会のイメージが桃で、それをイメージした桃のパフェが1日限定3食あるということで、限定という言葉に弱い私は即決。

DSC_3951 (520x293).jpg

この時期に桃が食べられるなんて。。いとおいし。

帰り際。アーツ前橋のお隣は、古めかしい化粧品やさん。
中は広々としたドラッグストア。とーっても趣がありました。

DSC_3940 (520x293).jpg

公式サイト:http://www.artsmaebashi.jp/
やなぎみわさん:http://www.yanagimiwa.net/index.html

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ホキ美術館で「スペインの現代写実絵画」展を観てきた!? [美術館]

ホキ美術館で「スペインの現代写実絵画」展を観てきました。
めずらしく、展示替え初日に来館。

何も調べずにいったので、またまたホキ美術館のコレクション展を期待していったのですが、なんとバルセロナ・ヨーロッパ近代美術館(MEAM)コレクションの展覧会であった。

スペインの画家との写実絵画に対するアプローチの違いなどが鑑賞していてとても感じたよ。
森本草介さんの作品のようにスラリとした脳内の理想を作品にしているのと異なり、見せなくていいものも再現されていたり、注目されている部分以外は意外と雑に描かれているものもあったりといろいろあるなぁと感じさせらる。

そもそも過去写真が出てきたときには、画家の一部は職が奪われるということで写真家に転身した人もいたとのことだが、写真は写真である。写実って何が写実なのか、という禅問答みたいな問いがまさにこの種類の作品を見ると感じる。だって、そもそも見るということ自体が、本物を目を通して電気信号になり脳が認識することでしょう。画家が写実で描くことこそ、その画家が感じた本当の写実な気がします。(写真がいいとか悪いとかいう問題ではない)そこに書く人ごと見る人ごとの違いがあってしかるべきだと思ふ。

ひとつ、初日だからか、何かしらの解説ツアーが展開されており、声が大きくてうるさかった。
ツアーでお金払っている人に解説するのはもっともなサービスではあるけれど、基本美術館は静かなところなので、解説の方も声の大きさは少し考えてほしかった。解説の列をはずしてはずして鑑賞したがどうしてもかち合ってしまう瞬間もありちょっと不機嫌。

雑記:駐輪場に自分以外のバイクが停まっていたところに初めて遭遇した。なにしろ展示替え初日ですからね~(^^)/

DSC_3891 (520x293).jpg

この日は、グーグルマップにあっちこっち振り回されて疲れて帰ってきちゃった。。

公式サイト:https://www.hoki-museum.jp/exhibition/index.html

※これでやっと蓄積された宿題が吐き出されました\(^o^)/

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

群馬県立館林美術館で「熊谷守一 いのちを見つめて」展に行ってきた!? [美術館]

群馬県立館林美術館で「熊谷守一 いのちを見つめて」展に行ってきました。
館林美術館はあの独創的な建物から一度行ってみたいなぁと思っていたところでした。
実はこの日もダブルヘッダー。

トーハクで食事してくる予定が、お昼食べられず帰宅。
どこか食事できるところを妄想しながらプチ遠出。

DSCN5922 (520x390).jpg

とても綺麗な全体的に整備された美しい美術館です。

入口はフラナガンが出迎えてくれます。

DSCN5914 (520x390).jpg
DSCN5911 (520x390).jpg

常設展示ですが、あのへんな形の館に展示されています。
フラナガンに代表されるような彫像がたくさん所蔵。
ポンポンの作品も多数あり白熊もありましたよ。

DSCN5871 (520x390).jpg

曲線を利用した館内はどこからみても広いお庭との相性が抜群で美しい。

別館には、ポンポンのアトリエを再現されていました。

DSCN5874 (520x390).jpg

そして、「熊谷守一」展

DSCN5903 (520x390).jpg

輪郭線とべったりと単色で塗り上げる作風が特徴の作家さんです。
どこかで見たことあるでしょう。
たくさんの作品が展示されており、時代ごとの作風の変遷が見て取れる回顧展です。


さいごに閉館間際のカフェ、、貸し切り。

DSCN5883 (520x390).jpg

せっかくなのでケーキセット

DSCN5890 (520x390).jpg

お庭のひろびろとした緑がまぶしい。
テーブルに映る雲かかる青空も時間を停めてくれる。

ケーキには、ポンポンの白熊が描かれており、みても楽しめます。

DSCN5888 (520x390).jpg

公式サイト:http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/exnow.html

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

東京国立博物館で「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展を観てきた!? [美術館]

先週のことになりますが、東京国立博物館で「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」展を観てきました。
行くつもりなかったのだけれど、GWに会った友人がとってもいいよ!と言ってくれたので影響されやすい私はいくことにした☆

DSC_3880 (520x293).jpg

開館時間を目指して行ったが、チケット購入で時間を取られた15分ほどかかったでしょうか。
さすがのトーハク!外国人が多いこと多いこと!

DSC_3874 (520x293).jpg

入口横のカフェでは、東寺のお坊さんが説法してくれていました。
お坊さんのお話しってどうしてこんなに面白く聞けるんでしょうね(^_-)-☆

DSC_3877 (520x293).jpg

朝なので待ち時間なしで入館。館内に入ってしまえば混雑はしているものの、すいすい鑑賞できたましたさ。

構成はこんな感じ。

第1章 空海と後七日御修法
第2章 真言密教の至宝
第3章 東寺の信仰と歴史
第4章 曼荼羅の世界

空海が広めた密教とそれを伝える当時の東寺の品々を展示してくれています。

お目当ての仏像さんたちは、第4章。
その多さに圧巻でした。美しいし迫力ある。

美男子の帝釈天さんだけ撮影おっけい。

DSC_3865 (520x293).jpg

公式サイト:https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1938
      https://toji2019.jp/


そしてその足で、館内の渡り廊下を通じて本館へ
「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」展も見てきた。

DSC_3878 (520x293).jpg

どうしても見たかったのは、唐獅子図屛風 
[右隻]狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀
[左隻]狩野常信筆 江戸時代・17世紀
これって右隻と左隻で時代も筆者も違うのですね。
そういえば、右と左で作風も題材もなんとなく違うのですね。

公式サイト:https://tsumugu-exhibition2019.jp/
      https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1942


お昼帰るころには、東寺展は長蛇の列になっており表慶館の前まで列が続いていました。
行くなら朝だね(^_-)-☆

DSC_3882 (520x293).jpg

帰り道ついでに、本館うらの庭園に行ってきた。のんびりしてますね~

DSCN5845 (520x390).jpg
DSCN5851 (520x390).jpg

nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

東京都美術館で「クリムト展 ウィーンと日本 1900」展を観てきた!? [美術館]

(平成の置き土産シリーズーその4<<サボっていただけですが;;)
(もうだめ、熟成しすぎて忘れてきている。)

東京都美術館で「クリムト展 ウィーンと日本 1900」展を観てきました。
実はこの日はダブルヘッダー。「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 」展の帰り道で上野に立ち寄りました。年末にこのクリムト&ウィーン三昧の期間が決まってからずっとやりたかった構成なんですよね(^_-)-☆

DSC_3584 (276x490).jpg
DSC_3585 (276x490).jpg

さてさて、展覧会の構成は以下のよう。

1.クリムトとその家族
2.修業時代と劇場装飾
3.私生活
4.ウィーンと日本1900
5.ウィーン分離派 →ユディトやヌーダ・ヴェリタスはここ!
6.風景画
7.肖像画
8.生命の円環

DSC_3591 (490x276).jpg
DSC_3590 (490x276).jpg

ユディトの官能の表情を生み出した背景やなぜ女性を積極的に題材としたのか、分離派の位置づけなどなどクリムトに関するすべてを網羅する作品展でした(言い過ぎ!)

久しぶりに最上階のレストランでランチした。
国立博物館側の道を見ながらは初めてでしたので、のんびりした公園の人々の営みや緑でゆったりした時間を過ごした。

DSC_3594 (490x276).jpg

公式サイト:https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_klimt.html
      https://klimt2019.jp/


エッセイ:「私とクリムト」: 数年まえのことになりますが、飲み会の帰り道乗り過ごしてタクシー帰りになるところだったのですが、大行列なので、その町のバーだかスナックだかで時間をつぶしていたのだけれど、、、そのお店、大きなクリムトの作品が3点ほど。酔った勢いで、マスターに当時知っているクリムトのことについて懇々と語り、「ただ煌びやかなだけでないクリムトの官能の表情が好きです。」的に実に店のセンスがいいとほめたたえたら、隣の席に座っていた女性がオーナーさんだったのです。彼女はクリムトの作品がとても好きでお店に飾ったとのことで、私のことをとても気に入ってくれクリムトについて語り合いました。結果おごってくれました☆あのオーナーさんはこの「クリムト展」に行ったのでしょうかね(^_-)-☆

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート