So-net無料ブログ作成

『メン・イン・ブラック インターナショナル』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『メン・イン・ブラック インターナショナル』を吹き替えで観てきました。

前3作とは、キャストも違い、、唯一「3」からエージェントOのエマ・トンプソンだけが参戦。
まぁMIBの設定を使った別物語ですね。女性が増えたのも時代柄なんでしょう。「O」がMen の名前を変えるべきと進言したり、時代に即した設定となってきています。
とはいえ、全体のストーリーはやや薄い感じ。蒔いた種も映像までに気が付いてしまう。

お話は、幼いころ自宅に迷い込んだエイリアンを逃がした幼きM。親はニューラライザーで記憶を消されたが、彼女は逃れMIBを覚えていた。そして、大きくなりついにMIBのNY支部を見つけ潜入しています。そしてめでたく見習いエージェントとしてロンドンに行くことになったが、そこで出会った一匹狼的な問題児の「H」と出会う。Hの案件に同行したMだが、とんでもない事件に発展してしまう。

前作との比較でかなりの批評を受けていますが、トミー・リー・ジョーンズの「K」とウィル・スミスの「J」とは違ったコンビのイメージを植え付けている。かなり異なる性格の二人という面は共通していますが、現代的な雰囲気に仕上がっています。小難しい論理を展開する「M」と感性だけで切り抜ける「H」この掛け合いは、前作とは違う楽しみがありました。
格闘シーンでは、トンカチを握ったクリス・ヘムズワース。投げつけるのですが、、思わずソーを連想させるサービスシーンなんかもあります。(そういえばこのコンビは、ソー新作でも共演とか)

最後の最後で出てきた秘密兵器は、レクサスだった。ようやくこういう作品にクルマが食い込めるようになったか。めっちゃかっこよかったよ。

個人的にこの作品、予告編観たときから本当に楽しみにしていました。
なんといっても主演のエージェントMのテッサ・トンプソン!!
あの髪型にサングラス。。。。学生時代の私にソックリ。
この作品があの時公開されていれば、ヴェルディの北澤!とか呼ばれなくてすんだのに・・・

公式サイト:http://www.meninblack.jp/


==おまけ==

帰省したら「かなガーデン」のローズフェスタ最終日だったので行ってみた。

IMG_1578 (520x390).jpg
IMG_1607 (520x390).jpg

薔薇はもうあんまり咲いてなかった。

ユリやら他の花がたくさん観れたよ。

IMG_1579 (520x390).jpg
IMG_1583 (520x390).jpg
IMG_1603 (520x390).jpg
IMG_1610 (520x390).jpg

実家にスゴイ鮮やかピンクなサツキが咲いていた。ちょっとすごかった。

20190608 (520x429).jpg

nice!(7)  コメント(3)