So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』を観てきた!? [映画]

『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』を観てきました。

チャーチルが埼玉にやってきたヤァヤァヤァ。(イギリスだけに)
とうことで、鑑賞。あんまし混んでなかったなぁ。
アカデミーからちょっと時間あきすぎ。
日本人は熱しやすく冷めやすいので鉄は熱いうちに打たなくちゃ!

チェンバレン首相退陣からチャーチル首相誕生、そしてダンケルクの闘いの直前までを描いた作品。チャーチルが首相になっていく様とリーダーだからこその孤立と苦悩を余すところなく映画化したものである。(なぜスクールウォーズ調?)
こういうのを本当の国難突破内閣というんだろうな~

チャーチル首相そっくりです。ちまたで言われているとおり、どこがゲーリー・オールドマンなの?という感じだが、あの史実に忠実な感じを醸し出す感じはゲーリー・オールドマンのなせる業であることだろう。もちろん特殊メイクの辻一弘のお仕事もかなりすばらしいものであったことは言うまでもありません☆

チャーチルに目がいくところだが、ちょっと調べたら前首相のチェンバレンもかなりクリソツな役者を選んでいると思う。ただそれだけ。

秘書役にリリー・ジェームズ。こういう戦時下のチョイ役として、ああいうパッチリおめめのかわいこちゃんが入ると目立ちますね~それが狙いでしょうか。何気に彼女の出演する作品は、偶然だと思うが評価の高い作品が多いです。ひょっとして大物なのかも;;

おはなしは刻々と変化していく情勢のなか、決断を迫られる緊迫感がたまらなくうまく表現されていると思った。イギリスのあのせまっこい議会も臨場感あふれる演出の手助けをしてくれていました。

ダンケルクの闘いは、去年鑑賞したからよく知っているもののやはりこれはイギリス国民のための作品なのでしょうね。ジョージ6世とのやり取りも国王だからこその威厳と心の中がうまく見て取れた。

作品的にもかなりまとまっていてよくできていたので楽しめました。

公式サイト:http://www.churchill-movie.jp/

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 4

coco030705

こんばんは。
先ほどは、私の記事にコメントありがとうございました♪
とってもよくできた映画でしたよね。さすが、ジョー・ライト監督です。いい役者さんがたくさんでていて、キャスティングがすごくよかったわ。リリー・ジェイムスもかなり有名になったのに、こんな脇役を引き受けるのは、やっぱり監督の力!こういう美人が登場すると、男性ばかりの映像がちょっと緩んでホッとします。ゲイリーの次回作にもう期待している私です。

by coco030705 (2018-05-06 01:23) 

コザック

>coco030705さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
短いけどよくまとまっていました。主演もさすがですアカデミーも納得。リリー・ジェームズは美人過ぎるので少ない女性出演者からすると納得のキャストなのかもしれませんね。
by コザック (2018-05-06 22:52) 

きさ

ゲイリー・オールドマンのメイクが凄いのですが、演出も演技もテンション高く見せました。
秘書役のリリー・ジェームズ、奥さん役のクリスティン・スコット・トーマスなど脇役もみな良かったと思います。
ダンケルクの撤退戦が重要な要素として出てくるので昨年「ダンケルク」を見たのが興味深かったです。
by きさ (2018-05-19 10:40) 

コザック

>きささん
nice!コメさんきゅ(^^)/
ゲイリー・オールドマンはメイクでほとんど顔がわからないまでも主演賞を取ってしまうのも素晴らしい存在感だと思う。
リリー・ジェームズの美人すぎる秘書もよかった。限られた出演陣のなかで存在感はっしてましたね。ダンケルクの翌年公開というのも少なからずいろんなことに影響していると思う。
by コザック (2018-05-20 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。