So-net無料ブログ作成

2014年を振り返って!? ~cinema編 [映画]

明けましておめでとうございます(ペコリ)

ブロガーもすなる振り返りといふものをオイラもしてみんとてするなり(^_-)-☆
っつーことで、一年の煩悩を振り返ってみました。

昨年、劇場de鑑賞した作品数は、 65本
煩悩率でいうと70.2%なかなかの数字でしょ!
註:煩悩率とは、自分が煩悩と思う数字を108で割った割合を言います。

昨年は、、、前半(38本)飛ばしたんだけど、後半(27本)失速。
もしこれが、、スクールウォーズの相模一高の監督だったら、こう言うでしょう「前半38本観ながら、どうして 後半27本しか観れんのだ!お前は後半、明らかに手を抜いた!たとえ価値がわかっていたとしても劇場に行かないことは、映画に対して無礼だっ!バシっ(グーパンチ)」
その光景見た川浜高校教諭「手を抜かれなかったら、いったい何本観ていたんでしょうね~;;」

というか、真実は、、、後半観たい作品が少なかったり、観たいものも近くで上映してなかったり、ラジバンダリ(古っ)、、3DやIMAXに体力が追いつかなくなってきたりと、千代の富士の引退会見の言葉が脳裏によぎる今日この頃です。

和洋の差でいうと洋画42本、邦画23本、、、、。圧倒的に洋画が多いですが、邦画は少ない分記憶に残っているものが多いです。

まぁこんところで、今年もジョーンズさんのごとくこのろくでもないすばらしき映画の世界をまとめてみましょ。

それでは、、よ~し、行ってみよう!(イカリヤ風)
※個人的な好き嫌いですので、気を悪くしないでくださいね~


◆モスト・閲ランニング◆(Viewランキン)
『キック・アスジャスティス・フォーエバー』 :クロエ・グレース・モレッツちゃんの大人びた姿
『鑑定士と顔のない依頼人』 :思い描いていた結末とは違い、絶望のひと言
『ラッシュ プライドと友情』 :かつてのF1ファンを刺激した
『白ゆき姫殺人事件』 :井上真央が犯人みたいな予告が功を奏した
この4本がダントツでした。

◆モスト・いいね◆(nice!ランキン)
『X-MEN:フューチャー&パスト』
『寄生獣』 下半期でランキンはスゴイ!
『ジャッジ!』
『ウォルト・ディズニーの約束』
『大統領の執事の涙』
『アバウト・タイム 愛おしい時間について』 下半期でランキンはスゴイ!
『イコライザー』 下半期でランキンはスゴイ!
一位がダントツ。みんな待ち望んでいたのね。

◆モスト・コメ票◆(コメントランキン)
『ジャッジ!』
『鑑定士と顔のない依頼人』
『エージェント:ライアン』
同率一位!それぞれ 笑い、嘆き、つっこみ たくなる作品ですものね☆

◆モスト・とらば~YOU◆(トラックバックランキン)
『マレフィセント』
『キック・アスジャスティス・フォーエバー』
『ジャッジ!』
『ラッシュ プライドと友情』
『テルマエ・ロマエ II 』
アンジーねえさん!さすがです。たくさんの人が鑑賞さすったんでしょうね。

■■ ここまで元旦までの統計 ■■
&ここから先は、かなり息切れしてる;;

▲よか続編・リメイクを作ったで賞
『美女と野獣』 :ディズニーだけのイメージを破りました。
『マレフィセント』 :アンジー姉さんの凄みと女らしさがたまらんかった。
『X-MEN:フューチャー&パスト』 :ハゲも過去は、、、。
『テルマエ・ロマエ II 』 :相変わらず笑わせてもらいました。お決まりパターン(^^)

▼イマイチな続編・リメイクを作ったで賞
『キカイダー REBOOT 』 :サイドカーの出てこないキカイダーなんて。格闘シーンも冗長。
『ルパン三世』 :楽しみにしてたんだけどなぁ~、、やっぱ不二子かな。。
『ハンガー・ゲーム2 』 :あいだ空きすぎ。インパクトがなくなってた。

▲よか3Dで賞
ほとんど観なかった。該当なし。
年間でも「マイティーソー」と「ドラえもん」くらいだった。
『天才スピヴェット』『インターステラー』は3Dで観てもよかったかもしれないです。

▲メッセージ性が残ったで賞
『インターステラー』 :時間の流れを映像で表し、そして愛をもメインテーマとして扱ったメッセージがよかった。最後は「シックス・センス」的なそうだったの感があった。

▲マイブーム作ったで賞
そこまでに発展しなかった。該当なし。

▲音楽マッチで賞
『アナと雪の女王』 :なんだかんだ言って、お風呂で一番唄った。アカデミー取ったのもこのカテゴリだしね。ストーリは好きじゃない。
『日々ロック』 :ロックンローラーとしては、ラストのあんなライブができたらなんて幸せなんでしょう!

▲ノンフィクションが心を打つで賞
『ダラス・バイヤーズクラブ』 :アカデミーも納得。社会描写もそうだがあの行動力がすばらしい。
『ウォルト・ディズニーの約束』 :エンディングの声がココロに残った。
『ワンチャンス』 :笑いも含めて美男美女が誰も出てないのにココロに残った。

▲ストーリーや展開、映像に新しい試みがあったで賞
『鑑定士と顔のない依頼人』『記憶探偵と鍵のかかった少女』 :この救いようのない結末が新しいと思った。焦燥感さえあったz。
『インターステラー』 :みたことのないものの表現方法や映像の美しさもさることながら、この時間の経過を映像化したところに新しさがあった。さすがクリストファー・ノーランと言わざるを得ない。

▲なんとなくまったりよかったで賞
『ベイマックス』 :こんなんあったらみんな和やかなキモチになるのにね。
『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』 :ハッピーエンディングな微笑ましさがあった。
『女子ーズ』 :本当にありそでなさそうなリアルさがよかったね。

▲よか再放送(TV編)
『月に囚われた男』 :シュールというか、ほとんど一人芝居なのに本当に月にいる雰囲気をだしてくれた。秀逸な作品でした。

▲ぴったりんこな配役で賞
松たか子:『アナと雪の女王』 エルサの声も唄も。
アレクサンドラ・ローチ:『ワンチャンス』田舎くささが功を奏した。

▲スクリーン小町にドキっ!で賞 (太字は去年に引き続きのエントリ)
北川景子:『ジャッジ!』『悪夢ちゃん』 いつもそのまんまで演技がたまらん(演技じゃないってこと)
エイミー・アダムス:『アメリカン・ハッスル』 歳相応の役になって魅力がどんどん出汁のように出てきた。
アレクサンドラ・マリア・ララ:『ラッシュ』 困り顔ジェンヌです(^^)
クロエ・グレース・モレッツ:『キック・アスジャスティス・フォーエバー』『イコライザー』 あまり目立たない一年だった。
宮沢りえ:『魔女の宅急便』 母親色が出てた。
蓮佛美沙子:『白雪姫殺人事件』 あの髪型ありえへん
スカーレット・ヨハンソン:『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』『LUCY』 なんか手が届くかもと思い始めた。
桐谷美鈴:『女子ーズ』 リアル若者女子
エミリー・ブラント『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 涙目の女王だがこういう設定もよかった。
アンジェリーナ・ジョリー:『マレフィセント』 女性の凄みと魅力が両方伝わってきました。
ニコール・キッドマン:『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』最後の長まわしスピーチは圧巻
ヘレン・ミレン:『マダム・マロリーと魔法のスパイス』
シャルロット・ルボン:『マダム・マロリーと魔法のスパイス』『イヴ・サン・ローラン』真フランス美人
二階堂ふみ:『日々ロック』私の、「0.1秒声が遅れて聞こえる女優は大成する理論」の女の子
マッケンジー・フォイ:『インターステラー』子供マーフ将来楽しみ。
シャルロット・ゲンズブール:『サンバ』年相応の美しさが見え隠れ。
ジュリー・アンドルーズ:『サウンド・オブ・ミュージック』歌がうまくてメロメロです。

☆好きな作品10☆ (★は受賞作品デス)何の?
『ベイマックス』
『インターステラー』
『日々ロック』
『マダム・マロリーと魔法のスパイス』
『アバウト・タイム 愛おしい時間について』
『思い出のマーニー』
『マレフィセント』
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
『ワンチャンス』
『ジャッジ!』

2014年は、ディズニー作品の偉大さを思い知りました。この内容で短い時間に詰め込んでしかも大人にも子供にも理解できるわかりやすさと感動をも与える作品って、ただ絵がウマイとかCGすごい!とかを超えた万国共通の世界観を与え続けているんだなぁ~と感じちゃいました。もしかしたら世界を覆う新たな宗教や指導者は実はディズニーなんじゃないかと・・・(ヒヤクシスギ?)
※「アナと雪の女王」で言っているわけではないですよ。。。;;


★コザック的ラズベリー賞★(コレをメインに持ってくる??)

  洋画 : 『エージェント:ライアン』 
  豪華俳優陣だけど、内容がうすべったかった。
  「潜入捜査モノにはずれなし!」の私の格言に沿わなかった(>_<)

  邦画 : 『キカイダーREBOOT』
  もはやキカイダーと呼べない。サイドカーないし。
  キカイダーの本質も深く掘り下げなかったところがNGです。
  

さいごに、年のはじめとして言いたいのは!!!
[ひらめき]「アカデミーな作品も、ラズベリーな作品も、

観ているからこそ面白い!?」[ぴかぴか(新しい)]

モットーもっともっとーたくさんの作品を観まくりたいです。
今年も生温かく見守ってくださいネ(^^)/
よろしくお願いします(^_-)-☆


■■■■ 過去のまとめ ■■■■
 2013年を振り返って!
 2012年を振り返って!
 2011年を振り返って!
 2010年を振り返って!
 2009年を振り返って!
 2008年を振り返って!
 2007年を振り返って!
 2006年を振り返って!
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 7

TaekoLovesParis

あけましておめでとうございます。
1年をふりかえっての楽しい企画ですね。
賞のネーミングが面白いです。音楽でマッチで賞がアナ雪、
まさにそのとおり!
今年もたくさん観て、たくさん書いてください。
by TaekoLovesParis (2015-01-04 13:43) 

coco030705

こんばんは。
すごい!たくさんご覧になったんですね。すばらしい☆
賞が色々あって楽しいです。どの映画も本当は色々な賞を
あげたいくらい、それぞれにいいところがありますよね。
今年はどんな面白い作品に出会えるか、楽しみです。
美術館の記事も待ってま~す。よろしくお願い致します。
by coco030705 (2015-01-04 17:22) 

コザック

>TaekoLovesParis さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
あけましておめでとうございます。
賞は毎年思いつくままに追加してきたので統一性なくバラバラですが、一年の区切りにその時あげたい賞が自分で整理できればよいかと思ってはじめました。
アナ雪はなんだかんだいって音楽的には全世界が認めたものですからね~特に日本では盛り上がったし、街中あふれてましたからね。
今年もたくさんみまくちゃいますのでつたないBLOGをよろしくです(^^)/

>coco030705 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
こんばんは。なんとか煩悩率70%をキープしました(^^)
そうなんですよね。各作品いろんないいところやダメなところを思ったので賞をあげてもいいと思うのですが、、、なにぶん忘れていることが多くて、長期記憶に生き残っているものが代表になっちゃいます。
好きな10本を選ぶのが一番苦しかったです☆
今年もたくさん観たいと思います。年末のSWに向けてたくさん観まくりたいと思います。よろしくお願いします。

by コザック (2015-01-04 23:22) 

non_0101

こんにちは。
ようやく「インターステラー」を観てきたので、
2015年のまとめには入れなくてはと思ってます(^^)
今年もどんな映画に出会えるか楽しみですね~☆
by non_0101 (2015-01-11 10:41) 

コザック

>non_0101 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
「インターステラー」よかったですよね~年明けなんで今年のまとめですね☆
しかしきっと年末になっても記憶に残っている作品だと思います。
今年もたくさん観ていろんな作品と出会えるとよいですね~☆
by コザック (2015-01-12 17:58) 

バラサ☆バラサ

エレキギターだし、ビジンダーにならないし、ハカイダーの脳は光明寺博士じゃないし。
まあ、一番の問題はサイドカーですけど。
ストーリーに関しては、何も言うことは無い。
by バラサ☆バラサ (2015-01-25 16:26) 

コザック

>バラサ☆バラサさん
nice!コメ・トラさんきゅ(^^)/
そうなんですよ~なにもギターを現代ぽくしなくても・・。
ビジンダーもハカイダーも(+o+)でした。
私がキカイダーを好きになった要因のサイドカーがないのが悲しかった。
戦闘格闘シーンをあんなに贅沢にしなくてもよいのに;;;等々
いろいろ不満あり。
難しいですね昔の子供のころのイメージを現代によみがえらせるのは!
by コザック (2015-01-26 00:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6