So-net無料ブログ作成

『大統領の執事の涙』を観てきた!? [映画]

『大統領の執事の涙』を観てきました。
大統領の執事の涙 - 映画.com
観たいと思っていたので少し風邪気味だけどグルグル巻にあったかくして即行ってきちゃった。

それにしても出演者の豪華なコト。。。まぁ歴代大統領を演じるわけですから、、、それなりの人じゃないとネ。
アイゼンハワーにロビン・ウィリアムズ。ちょっとしか出てないけど優しそうな瞳は健在でしたね。

それから、ジョン・F・ケネディにジェームズ・マースデン!!!X-MENのサイクロプスじゃない。あのいきがってた若造が・・・。でも政界に来てみりゃ、、まだまだ「若造」「おぼっちゃん」など呼ばれちゃって永遠の若造キャラなんでしょうね。そういう人、周りに一人はいますよね(^_-)-☆

そういえば、幼きキャロライン・ケネディも登場してましたね。是非、駐日大使にも見てもらいたい作品ですね。

主演のフォレスト・ウィテカー、ちょっと妖怪人間ぽい風貌ですが、優しい感じがにじみ出てました。ふと思ったんだけど「大統領の執事の涙」というほど印象的な涙のシーンはなかった気がしました。ちょっと邦題間違えたのかもしれませんね。原題のままでもよかった気がしました。

ストーリーはというと、、、、やはり途中でのキング牧師の執事はすばらしい仕事だということを説いている部分を聞いて、静かに戦っているんだと感じてきちゃいました。あと、、息子が執事をバカにするようなことを言ったとき母親は即座に「あなたのすべてをその執事が与えたものよ」と言ってぶっ叩いたところが印象ですね。

ちなみに、マライヤ・キャリーが出ていることだけ前知識であったのですが、どこに出ていたのかわからんかった。帰ってきて調べたら、、、あの冒頭の母親だったのね。ちょっと白人ぽい感じがしていたのですがそういうわけだったんですね。
ちょい大物たくさん使っているけど、場面が少ないのが残念。まぁ今回主役は執事ですしね。。

公式サイト:http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/

昨日の無理が祟ったか、朝雪下ろしをしたのがいけなかったのか、ノド風邪ひいたみたい。
そんな時、モーフィアスの言葉を思い出し、私は必ずred pill を選んで、この世界に留まることを望みます。
だって、blue pill を選んだら、真実を何も知らずに翌日ベッドで目が覚めるだけですものね。

20140215a.jpg

"You take the blue pill, the story ends. You wake up in your bed and believe whatever you want to believe. You take the red pill, you stay in wonderland, and I show you how deep the rabbit hole goes." ―Morpheus to Neo.
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7