So-net無料ブログ作成

『ただ、君を愛してる』を観てきた。 [映画]

『ただ、君を愛してる』を観てきました。
宮崎あおいのメガネっ娘っぷりが、激萌え~な感じだったので観てきちゃったでごわす。
#いかんこんな書き方していると変な検索に引っかかってしまうでござる。。

ストーリーは、突然姿を消した静流からの手紙でNYを個展をやるという。その個展と静流に会うためにNYに旅立つ。「静流はよくうそをついた」のひとことから6年前の大学入学式の日になる。横断歩道を渡れずにいる静流をみかねて声をかけた誠人。それが出会い。お互い友達を作れないでいるもの同士友達になった。一方誠人は友人のなかから憧れの女性みゆきと一緒にいる時間が多くなる。そんななかいつしか静流に写真を教えるようになり、自宅で現像をする日々。そんなある日家出をしてしきてしまった静流を引き受け同居することになる。なんでもない日々に居心地のよさを感じる誠人だったが、ある日写真展のコンテスト用の写真の題材にとキスをすることになった。その写真を撮ると静流は大学を退学し、姿を消してしまう。。。。。

死という現実が最後にくることがわかっているのに、心地よい雰囲気で話しが進む観ていて心が和む作品。それでもって、突飛な話しの展開のどなく最後に愛の大きさに主人公が気が付くというとてもシンプルだけどじわりとくる。とーってもよかったです。

観ている人たちもカップルが多いと思いきや、オバサンのお一人様、中学生の女友達群、老夫婦、あおい目当てなのか私のように男性ピンも結構いました。2週目なのですが、日曜初回にしてはそこそこ混んでいました。連ドラ効果なんでしょうかね~。

主演のお二人なのですが、玉木くんは、おとぼけの鈍感くんのためか、演じる役割どおりなのですが、コレといった印象を残す場面はなかったような・・・でもそれが一番の演技者なんでしょうね。宮崎は変わりゆく自分の感情と表情をとても上手にあらわしてました。実際よーくみていると最初の場面ではどうみても子供なのですが、キスするときにはいつもの宮崎あおいの顔になってました。実際どんなふうにしていて子供の顔をだしたのか不思議でなりません。言動がフォローしてたんでしょうけね~。。。

誠人の男らしさを感じたのは、当初静流のことを友達と言い張っていたのが、入院して同居がバレた時にただの同居人だったのに同棲といわれても否定しなかったとこ。ここはちょこっとカッコよくみえちゃいました。

ストーリーの中では、弟の死を「恋をすると死ぬ病気」と言っていた。そして自分の死を誠人が知ったときにその言葉を思い出すとともにその意味を理解する~・・・といったシーンがとても軽い推理小説な感じだった。意味を理解したときの自責の念を思う誠人の表情がとてもよかったですね。

市川拓司は、死をめぐる話しを作らせたら天才ですね。「いま、会いにゆきます」で世の中を涙に包み、、また今回こんな恋愛映画で涙を流させてくれました。なんだかコンパクトにまとまっていた話しでとても好きな構成でした。DVD買ってしまうかも。

公式サイト:http://www.aishiteru.jp/


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 5

咲太郎

こんばんは。
あおいちゃんは好演でしたね。
演技というよりは
静流そのものが其処にいた
という気がします。
玉木くんは私は良かったと思いましたよ。
彼が演じたからこそ
好感を持てたのだと思います。
by 咲太郎 (2006-11-22 21:18) 

コザック

>がっちゃんさん
nice!さんきゅ。

>咲太郎さん
こんばんは。
「初恋」のときといいウブな女の子が女性になっていく姿にオトコはコロりときちゃうんですよね。今回の静流は彼女のハマり役ですね・・・というかハマり役にしちゃった感じこういう役にめぐり合えるのは幸せなんでしょうね~。
玉木くんは、今思うとカレだからこの二人の世界を築くことができたのでしょう。なんにせよ後味のよい純愛映画でしたね。
by コザック (2006-11-24 00:11) 

non_0101

こんばんは。おじゃまします!
コザックさんの感想を読んで、これは観なくちゃ!と思っていたのに
かなり遅くなってしまいました(^_^.) でも、劇場で観て良かったです。
> 市川拓司は、死をめぐる話しを作らせたら天才ですね。
そうですね。特に、前向きに生きようとするところがいいですね。
だから、とっても爽やかな余韻の残る作品になるのでしょうね(^^)
by non_0101 (2006-11-25 00:09) 

コザック

>nonさん
こんばんは。nice!39!
先に読んでくれたんですね~しかも読んで観にいきたくなってくれてなお嬉しいです。
こういう作品ってエンディングがとても重要だと思うのですが、最後までネタベレせずに誠人くんと同時に静流の死を知るという演出がよかったですね。。なんとなく解っていたけど、、その後の誠人の対応も凄く恋愛映画っぽくて爽やかでしたね。。思い出すとほんわかします。
by コザック (2006-11-26 23:44) 

咲太郎

こんばんは♪

DVD買われましたか?

この映画の主題歌「恋愛写真」を記事にして
久しぶりにこの映画を観ようかななんて考えています。

by 咲太郎 (2008-05-15 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16