So-net無料ブログ作成
検索選択

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観てきた!? [映画]

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を字幕版で観てきた!?

良い時間がなくIMAX3Dで鑑賞。普段の倍以上の値段だが、、、その価値はあんまりなかった。

士郎正宗原作のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のハリウッド実写版である。ということで、そこここで日本のイメージが登場するのであるが、キャストも風景も日本なのだが、どうもいろんなものが中国なのである。それもそうで、制作には上海の映画会社が入っており、まぁ市場を考慮したつくりになっている。

日本を意識したといえば、キャスト。公安の上官にはビートたけし北野、終始日本語でしたが、すごい存在感漂っていましたね☆
素子の母親には桃井かおり。。。。オイラ桃井さんの英語ちょっとうまかった。考えてみればアメリカで暮らしていたんだものね。いつSK-Ⅱみたいに「20台はいいのよぉ~」と言い出すのかと思ってドキドキした。

研究者のボスとしてジュリエット・ビノシュが出ていまいたね。歳はとりましたが、美しさ色気はそのままです。こういうシリアスが役柄が似合ってきたなぁと思った。

映像は、とてもきれいで3Dの広告、ビル全体を覆う巨大なものから道端の小さいものまでなんだか幻想的でした。未来はこんな感じなんだろうね。映像でキレイだったのは、あと水の表現。水辺の格闘や水たまり、池に落ちるところ。クラゲなんかもとても繊細に表現されていた。これは3Dの効果なんだろうか。。。暗いシーンが多かったのが少し残念だ。

原作は、深夜のアニメしかしらないのであまり何とも言い難いが、原作リスペクトしていないなどいろいろ言われてはいますが、1本の映画としてはとても簡潔に仕上がっていた気がしました。

久しぶりにスカーレット・ヨハンソンをかっこいいと思えた作品でした。背中の筋肉に惚れました☆

公式サイト:http://ghostshell.jp/

そうそう、スカーレット・ヨハンソンが後半乗っていたバイクですが、先日の東京モーターサイクルショウで展示されていました。HONDAのバイクなのに、作品内ではHONDAのロゴが目立たなくて残念です。

DSCN0455 (480x349).jpg


==おまけ==

今日は本当に大雨でした。
なのに、昼過ぎにさーっと雨がやんだので、近くの桜の名所を散歩してきた。

DSCN0870 (480x359).jpg

日暮れ間近ということだったが最後の花見を楽しむべく地面のぬかるむ芝生にシートを引いて花見を楽しむ人たちが足を運び始めていました。

DSCN0895 (480x359).jpg
DSCN0898 (480x354).jpg

桜の花は、散り時を知っており散る時期を迎えるまでは、風雨にさらされても落ちないといわれています。本日は、満開からの時間も経っておりやはり散り時だったんでしょうね。

桜の淡いピンクの絨毯が引かれていました。

DSCN0887 (480x360).jpg
DSCN0885 (480x359).jpg

なんだか今年は見頃がわからぬ桜の季節でした。
このまま花粉も早くなくなってほしいんだけど・・・(^_-)-☆

nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『夜は短し歩けよ乙女』を観てきた!? [映画]

『夜は短し歩けよ乙女』を観てきました。

人気作家・森見登美彦のベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いをはせるもてない大学生先輩の一夜の物語を劇画タッチで描いた作品。

テンポがよくって、本当に幻想の世界に引き込まれるつくりになっていました。

黒髪の乙女は、魅力的だ。先輩が惚れるのもわかる。
何より移り気な興味や、お酒のつよさ。怖いもの知らずで向こう気が強いところなんてすばらしい。何より劇中の歌が上手いということも素晴らしい。花澤香菜さん。最近声の出演が多いので今後が楽しみ。

時代背景が交錯しているのもなんだかおかしかった。スマホは利用しているのに、学園祭事務局のコンピュータはオープンリールのテープが回っていたり、ノートパソコンで原稿書くのに、古本が大切だったり、店で出るワインは赤玉だったり、電気ブランが出てきたリ、、、(^^)

幻の酒、偽電気ブランは本当に京都にあるのだろうか、、、電気ブラン自体はさほどおいしいと感じないのだが、偽電気ブランはどんな味がするのだろうか。劇中出てきたものといえば、絵本「ラ・タ・タ・タム」はちょっと読んでみたかったりする。図書館ででも探してみよう。。。と考える人が多いだろうな☆

そういえば、私も「そこに酒がある限り!」と言っていた気がする。
若い頃のお酒は、いろんな妄想や未来の可能性を語れる魔法だったが、私もいつのころからか李白さんのような悲観的なお酒になってきていた気がします。反省反省。お酒は楽しくネ!

公式サイト:http://kurokaminootome.com/


==おまけ==

桜の花はつよいです。
先日拾ってきた蕾のついた枝ですが、みごと花咲きました(^^)/

DSCN0838 (480x332).jpg

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『SING シング』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『SING シング』を吹き替えで観てきました。

観ようかどうか迷っていたのだが、ちょうど、春の安売りで毛布を新調したので、、、勢いで観ちゃった、、、、それ「寝具」ですから~(^_-)-☆

ということで、ストーリーは予告編のとおり。
だけど、エンディングになるにしたがって思った「泣かせる味じゃん」

個人的には、象で内気のミーナが吹き替えをやったMISIAの現実とかぶっているようで泣けてきました。まさに5オクターブガール真骨頂でしたね。。原音の方もすごいらしいけどね。

そして、注目は豚のロジータ。坂本真綾さんがやっているが本当にいい感じにうまかった。本当にオープニングの「Shake IT Off 」はショーとしてつかみはバッチリ!見ているみんなをワクワク幸せな感じにしてくれました。原音はリース・ウィザースプーンなのね。なんとなく納得。

=====追記======

このショウのオープニング!映画史に残るね(^_-)-☆
ロジータのカットが絶妙にいい。
表情もすごく活き活きしていて素晴らしい。
主婦が得意な歌で変身する姿はとても素敵だ。
帰ってから何度も観て元気が出てます。
テイラー・スイフトも嫉妬するステージでした☆
=====ここまで======

そうそう、忙しい自分を何とかするためのシステマチックな家庭。日本だったらピタゴラスイッチにレギュラー出演できます☆

そして、ヤマアラシのアッシュ。長澤まさみが特別うまいと思わなかったけど、原音がスカーレット・ヨハンソンというのにビビビと来ました。字幕版が見たくなります。

そして、なんといってもこの作品一番のハマり役は、、、ナナ・ヌードルマン。。キャラクターの顔からして大地真央にピッタンコ。めっちゃ怖いなんてところもね(^_-)-☆

吹き替え版も本当に考えられた脚本とキャストだと思った。
なかなか良くできた作品だと感じましたよ。

スキマスイッチ大橋さんのゴリラくんも歌上手かったなぁ、、、、。

ヒツジとコアラの洗車乾燥のプロセスが微笑ましかったなぁ☆

館内満員でしたが、DVDでもよい気がしましたがホットなうちに観たい作品です。

そうそう。劇中流れる音楽も新旧有名どころたくさんあったりきゃりーぱみゅぱみゅがあったりしてとても楽しめた。使用音楽はコチラハミングファインのCMの曲はノリノリだったね~(^^)v


公式サイト:http://sing-movie.jp/


==おまけ==

毎年行く近くの公園。住宅に囲まれた箱庭のなかに一面桜の天井が広がります。
だけど、、、5分咲きくらいかなぁ~まだお花見感が足りないです。

DSCN0753 (480x360).jpg
DSCN0740 (480x359).jpg
DSCN0773 (480x355).jpg
DSCN0780 (480x339).jpg
DSCN0802 (480x360).jpg

下に目をうつすと、、花壇には、春を感じさせてくれる花々。

DSCN0714 (480x353).jpg
DSCN0733 (480x359).jpg

そうそう、カラスが騒いでいて、バキバキ枝が折れていたのでかわいそうなので拾ってきました。

DSCN0806 (480x355).jpg

プリンの小さいビンに入れていますが、部屋が暖かいのか、、夜にはちょっと開き始めてきました。楽しみ☆

DSCN0809 (480x348).jpg

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『パッセンジャー』を観てきた!? [映画]

『パッセンジャー』を観てきました。

移住を決めた宇宙船で120年間の冬眠をしている一人が残り90年をまえに目覚めてしまった。そこからの宇宙船物語です。ほぼほぼ2人芝居です。

主演の技術者ジムにクリス・プラット。イケメンだからいいようなものの、宇宙船で思うがままの神様状態。
そして、もう一人のお目覚めちゃんがオーロラさん役のジェニファー・ローレンス。ご存知田舎顔のアカデミー女優さん。と思いきやだいぶ洗練された大人の女性になっていました。それにしても彼女は、脱ぎたがり屋さんですね~惜しみもなく豊満な姿態を見せてくれています。そんなに細身じゃないところが好感持てます。

そして、途中で出てくるもう一人のお目覚めちゃんが機関士のガス、ローレンス・フィッシュバーンです。まぁ彼がいたから物語は進んだんだけど、出てきてすぐ死んじゃうかわいそうな人。どうしてもマトリックスな感じが抜けません。

いやぁ~目覚めた男女がこの二人だったからいいようなものの、オッサンと美女。つまりはローレンス・フィッシュバーンだったらどうなったことやら。

いろいろ工夫をして生き延びる姿は好感が持てるしテンポよく話が進むので観ていて飽きません。

恒星の重力ターンは、、あんなに近づいたら、、、宇宙船燃えちゃうよ。
山場の船外活動は、あんなことやったらふつうに燃え尽きてます。そして宇宙服に穴あいたら、あんなに長く生きられないと思うんだけど。。。と現実を見つめてしまう場面も多々あり。

ちょうどいいところで水戸黄門のお銀のようにジェニファーのお色気シーンが出てくるので眠くもなりません。上映時間も長くなく手軽に楽しめる作品でした。

公式サイト:http://www.passenger-movie.jp/

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『モアナと伝説の海』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『モアナと伝説の海』を吹き替えで観てきた!?

よかったですね~。上映中まったく色恋沙汰を意識しない異例の健全さを醸し出していました。アナ雪の結婚詐欺的な物語とは一線を隔していました。

物語は、村長の娘に生まれたモアナでしたが、伝説で言われたマウイに盗まれた女神テ・フィティの心を元に戻す旅に出ます。

たださすがはディズニー。色恋なんてなくったって、いい感じのタイミングで入る爽やかなモアナの歌声にみんなうっとりでした。

それにしても海と水に関する映像表現がとてもきれいでした。というか本当の水のように感じざるを得ません。これって日本人のクリエーターさんが作っているんですよね~いと誇らし(^^)/

あと、、、女神テ・フィティ最後にでてきましたが、、、、、Coccoに似てました。沖縄系なんですかね(^^;;

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ひるね姫 知らないワタシの物語』を観てきた!? [映画]

『ひるね姫 知らないワタシの物語』を観てきました。

観終わったあとそのまま昼寝しようと思い早起きして観てきました。

思ったより、昼寝にフォーカスが当たっておらず、夢の中と現実がつながってる???「君の名は」かと思ってしまいました。
ストーリーは、種明かししてしまうと面白さ半減なので割愛(テヌキ)

それにしてもココネの岡山弁がとても自然にかわいらしく表現されていましたね。高畑充希とは気が付かずにかわいらしいなぁと終始感じてました。

東京オリンピックの3日前という設定も、大手自動車メーカーが自動運転で選手を送り迎えという設定も現実味を帯びてきている昨今この設定は今だからこその見ごたえです。

しかし、一人のエンジニアが自動運転のアルゴリズムを書き上げるっていうのも現代の膨大な量のプログラムソースを考えると現実的ではないです。
「ハード屋がソフト屋に頭を下げるというのか」という言葉も数年前まで社会でいろいろと聞いたセリフですが、コスト削減のためにソフトでできることを多くしていることは確かです。しかしながらどうしても物理的にハードが担う部分は否めなく、既存の自動車メーカーの積み上げたノウハウは色褪せないと思っています。

劇中の看板なども現実のものですし、街並みを走る車も現実のものでした。
ちなみに、モモタローの乗っていたバイクは、超高価なセンターハブステアリングのバイクです。一度乗ってみたいシロモノですが、4~500万円するものなので手が出ません。
現存購入できるものはビモータ社のTESI3Dです。以前TESIのメンテナンスをしていた人と飲んだことがあり、乗り味を聞いてみたが、普通なら減速時にフロントが沈むのだが、センターハブのバイクはそのままスゥーっと全体が沈み地面に張り付くようにコーナリングができるのだそうです。
いいですね~書いていて妄想すると気分高まります。

すっかりバイクの話になってしまいましたが、メカニカルなディティールも今回目を奪いました。前述のバイクはもとより鬼と対峙するロボットやサイドカーの変形についてもよく考えられた造詣でいした。ロボットはちょっとエヴァンゲリオンに似ていましたけどね(^_-)-☆

帰ってからは、存分に昼寝して目が覚めたら、、、、結びの一番の時間になっていました;;

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

==おまけ==

昨日お墓参りで実家に立ち寄り。庭はさくら草だらけになっていました。
よくぞここまで、、、というほど。鮮やかな紫ピンクは、太陽にあたりまぶしさを反射してくれていました。

DSC_6007 (480x270).jpg
DSC_6012 (253x480).jpg

これはマーガレット???なかよし???りぼん???

DSC_6008 (480x270).jpg

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『ボヤージュ・オブ・タイム』を観てきた!? [映画]

『ボヤージュ・オブ・タイム』を吹き替えで観てきました。

巨匠テレンス・マリック監督が、宇宙のはじまりと生命の歩みを圧倒的な映像美で描き出したドキュメンタリー。という売り込みですが。。。。

なかみは、??なところが多々ありました。映像美というけれど古い映像や街中の映像などもありしかも被写体はそれ?というようなものが多かった。ところどころCGを織り交ぜている作品構成のなかちょっと目立ちました。デジタルリマスタリングしたほうがよかったかも。

あとは、吹き替えだったのですが、少し映像とナレーションが不釣り合いな部分多し。せっかくの中谷美紀のナレーションがもったいない。原作は、ケイトのブランシェットさんですもんね。

キリスト教的な世界観のない私たちにとっては、欧米作品で多くあるような背景がわからずその荘厳さがりかいできない・・・といった感が出ていたのかもしれません。

映像も、マクロ的なところからいきなりミクロ的な映像にうつり、しかもその繋ぎがないものだからその映像が何だったのかすら不明のまま流れてしまうシーンも多くもったいない感じがしました。

CGで作られた恐竜の部分などは、単品で観ればよい作りですが全体のなかどう組み込まれているのかがないのでここも消化不良感がでてしまっていましたね。

キレイな映像は今の世の中溢れかえっている世の中、キレイな映像だけでは心を打つことはむつかしく、もう少し構成を考えればよかったのかもなぁと感じました。

来てます来てます・・・とはならなかったです。(マリックさんダケニ)

公式サイト:http://gaga.ne.jp/voyage/

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『アサシン クリード』を観てきた!? [映画]

『アサシン クリード』を観てきました。
ゲームが元なんですね。知らんかった。

アサシン(暗殺者)として活躍した祖先の記憶を遺伝子から科学のチカラで呼び覚まされた死刑囚の男が、過去のナゾを説くことに挑む姿を描いたミステリーアクションという触れ込み。

うーんマトリックスのあれみたい。記憶を操作するときには必ず首のうしろに妙なコードをぶっさすのね。でもあれ痛そう。

そのままの頭の中を映像として見られてしまうのもちょっとNG、エッチな妄想とか迂闊にできない。イケメンのマイケル・ファスベンダーだってひょっとしたらエッチな妄想映像がちょっとはあるかもしれない。。。。でもイケメンだからなぁ~それさえカッコイイ。

ヒロインに、記憶から謎の果実を抜き出す施設の科学者ソフィア・リッキン博士にマリオン・コティヤール。彼女の演技には信頼をおいているし、ちょっとコンビニの前にいるヤンキーっぽい雰囲気が好きです。(ドンナ?)
ちなみに、マリオンのクレープも好きです☆

ゲーム原作ということで、ストーリーの発想はすばらしいで。それを実写映像として完成させたのもすごいです。

でも、まさか続きがあるとは、、、バラ巻いたナゾをちゃんと拾ってないので気になっていたらそんな結末に。

あ、それでも、最後に近づきどんでん返しがあり楽しめましたよ。
演説のシーンは、なんとなくカリオストロ伯爵の婚礼のような感じでした(^^)

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

今年のラズベリー&アカデミー(^^)v  [映画]

今日はいろいろあってお疲れの身体なのですが、一年に一度なのでちょっと月曜から夜ふかし(^^)

今年のラズベリーは以下のとおり。
日本で記事になるのが遅いです。
アカデミーが発表されてからの報道じゃ遅いのだよ~。。

★ゴールデン・ラズベリー賞2016☆

◇作品賞
「Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party」

◇主演男優賞
ディネッシュ・ドゥソウザ 「Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party」

◇主演女優賞
ベッキー・ターナー 「Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party」

◇監督賞
ディネッシュ・ドゥソウザ&ブルース・スクーリー
「Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party」

「バットマン vs スーパーマン」も頑張ったが、主要部門は、ドキュメンタリーの「Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party」のほぼ独占状態ですな。
まぁアメリカの賞だから・・・・(^^)

そして・・・・

★アカデミー賞☆

◇作品賞
「ムーンライト」 ・・公開たのしみざんす。

◇主演男優賞
ケイシー・アフレック 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 ・・おおかたの予想通り

◇主演女優賞
エマ・ストーン 「ラ・ラ・ランド」 ・・おおかたの予想通り

◇監督賞
デイミアン・チャゼル 「ラ・ラ・ランド」 ・・アメリカの賞だからアメリカ人の好きな作品が取るべき

ということで、手抜きな記事ですが、今年はサプライズは、作品賞の発表くらいでした☆

最近悟った私の想いは、アメリカの賞なんだから、アメリカ人の好きなように好きな作品好きな女優に賞をあげなはれ(^^)/
 
nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『素晴らしきかな、人生』を観てきた!? [映画]

『素晴らしきかな、人生』を観てきました。
ヘレン・ミレンが出ているということで楽しみにしていました。

娘が亡くなったやり手広告会社の社長のハワードは、2年が過ぎても無気力のままであった。
会社も傾き始めたところ尊敬する社長を支えていた幹部たちは、彼を目覚めさせようと彼の座右の銘であった人との関係は「愛」「時間」「死」であるという手紙を見つけ出し、それにまつわる演技を役者を雇って彼に近づいた。

と、ここまでは予告編のとおり、物語の本質はそこではなく、彼自身の自問自答の答えを何を起因に見つけたか。最後の20分ほどは、あーそういうことだったのね。とネタバレになるので書けませんが、よくできている話だと思いました。シックスセンスみたいな感覚デス(チョットチガウ)

主演のハワードにウィル・スミス。会社幹部にエドワード・ノートンやケイト・ウィンスレット(そういえば最近衛生上の理由から劇場で毛糸のブランケットを貸し出してくれなくなりましたね)エドワード・ノートンの枯れ具合にちょっとびっくりしました。若々しいイメージもどこえやらという感じです。同じく幹部にマイケル・ペーニャ。よい役はちょっと似合いませんね。
役者連中にヘレン・ミレン、キーラ・ナイトレイ、ジェイコブ・ラティモア。

そして、子を亡くした話を共有する会を催しているマデリンにナオミ・ハリス。やっぱキレイですね~彼女どんどんキレイになっていきます。パイレーツ・オブ・カリビアンの時は不思議な奇妙な役柄でしたが、007のころからどんどん彼女の魅力が溢れ出てくるような気がしました。これからもいい役に巡り合ってもらいたいものです。

ブリジット役のヘレン・ミレンは安定していい味を出していましたね。ブリジット自体の過去などをしつこく追いかけず想像にまかされていたところがこの作品の隠し味になっていた気がしています。そしてそういう演出だからこそ最後のシーンでこの役者たちは、本当に愛・時間・死を司る使者だったのではないかと思わせてくれたんだと思った。

短い作品でしたが、観てよかったと思う日曜ナイトでした。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画