So-net無料ブログ作成

『劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳』を観てきた!? [映画]

『劇場版 はいからさんが通る 前編  紅緒、花の17歳』を観てきました。

[るんるん]どっきりするほど きれいな瞳と、 びっくりするほど あふれるロマンを鑑賞してきました。

ほかにもっと先に観る作品があるじゃろ!と思いつつも観てきちゃった。
そんなレイトショーは、なんと!おっさん11人!女子なし!これ少女漫画だよねぇ(^^)
世の中は大正ロマンを描いた昭和アニメを平成のオッサンが鑑賞する時代になったんですね~シミジミ

で、そもそも前後編に分かれるのを知らなかったのでドギマギしながら鑑賞。
ネタバレですが、前編は冒頭から冗談社記者として満州に渡るところまで。

まぁ当時の漫画読み込み、アニメ何度も観た小学生世代としては、物足りないの一言ですが。。。
・キャラクターデザインが現代風でかわいらしくオシャレすぎ。
・時代背景がまったく読み取れず(戦争への切迫感や大正オシャレ感がない)
・前半はよかったのですが、話を端折り過ぎてただの恋愛映画になってしまっている
 特に少尉が死んでからは、、ここが後半のキモになるのに流しすぎです。
・せめてナレーションに永井一郎がいてくれれば・・・;;
等々、リメイク作品なのであげればキリのない不満もただ懐かしいの一言。

ただ私の観たかった場面はことごとく端折られておりちょっと残念。
・追い出されるためにする紅緒の諸々の所業は、もっと描いてほしかった。
 ここに「はいからさん~」の面白さ紅緒のたくましさが詰まっていると思っている。
 そして、天丸地丸で犬ソリするシーンは是非やってほしかった。。。。
・あとは、白い喪服は、もう少しちゃんと張り詰めた空気感を出してほしかったです。
 林修先生も「人生の大切なことは「はいからさんが通る」から学んだ」と言っているとおり
 このシーンはとても重要だと思うのだが・・・

とはいえ、大好きな漫画・アニメのリメイクということで楽しい時間でした。
[るんるん]好きな人には素直になれず悩み多き年頃 的なところと 届かぬ想いがジレッタイ~ 的なところは表現されていたのではないでしょうか。

2018年に後編ということですが、せめて関東大震災は、めっちゃ劇的に描いてほしいなぁ~
私はこの大正を舞台にした壮大な恋愛漫画は、3部作にしても描き切れないと思っています。
今からでもどうでしょうか。。。。

公式サイト:http://haikarasan.net/

最後に注意書きで、未成年の飲酒は禁じられており劇中は時代背景上の演出・・的なことを書いてあったが昔でも女学生が酒を飲んじゃダメでしょう(^^) こういったところが現代的ですね(^_-)-☆
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

『氷菓』を観てきた!? [映画]

『氷菓』を観てきました。

なんだかおもしろそうなミステリーかも。と思って観てきました。

高校一年の新入生折木奉太郎(山崎賢人)は、省エネな性格。やらなくていいことはやらない。どうしてもやらなくてはいけないことは手短に。をモットーに生きている。灰色の高校生を自負していたが、頭があがらない海外滞在の元古典部姉より古典部に入ることを手紙でもらう。いざ部室に入ってみるとそこには千反田える (広瀬アリス)がいた。彼女は良家の子女であるが、一身上の理由より入部した。文化祭で文集を作ることになるが、バックナンバーを探すもみつからない。そこから、千反田の入部の理由が明らかになり、古典部の歴史を紐解いていくことになる。題名の「氷菓」はその文集の題名だ。

・・・・謎解きミステリーなのであまり話せません(テヌキ)
ちなみに・・・・「氷菓」の意味は、、「夏のお嬢さん」世代の私は途中でピーン☆ときちゃいましたヨ(^_-)-☆

推察の瞬間は、、、まさに「実におもしろい」でおなじみの某物理学教授のようでした。
冒頭は、なんだかモヤモヤしたC級作品でしたが、ここで終わりでしょう!とうところから、2,3回話が転するところがよかった。最終的にはB級くらいまでには上がった結末でした。

山崎賢人は、ちょっとニヒルな役が似合いますね。としか感想がない。

広瀬アリスは、、、すでに学生服に違和感がある。顔がすでにオトナなんですもん。
彼女の学生服は、「スープ」の時、「MATCH~青春がないのも青春だ!」が旬だった気がします。
しかし、なぜ広瀬アリスを起用したかを考えると。。あの黒目で見つめられるとなんでも言うことを聞いてしまいそうです。続編があるのならちょっとキビしいかも・・・。

公式サイト:http://hyouka-movie.jp/

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『ミックス』を観てきた!? [映画]

『ミックス』を観てきました。
卓球部出身のこざっくとしては、観ておかなくてはならないと思い行ってきた!?

物語は、恋に破れ会社を辞め実家に戻ってきた元天才卓球少女富田多満子(新垣結衣)は、亡き母(真木よう子)が営んでいた経営がくるしい卓球クラブのコーチをすることになった。そこで知名度を上げ経営を立てなおすため全日本卓球の予選に出場することに。元ボクサー(瑛太)とミックスダブルスを組むことになる。そして多満子を振った卓球のエース江島(瀬戸康史)と愛莉(永野芽郁)のミックス勝つことを目標にした。

新垣結衣の今回の役ガラは、ちょっとイケてないけど純粋で応援したくなる感じだ。瑛太も広末涼子も各々とてもいい味を出していた。
中でも異彩の魅力を放っていたのが、中華料理の店員で中国代表になれなかった卓球選手役の蒼井優。もうハジケっぷりが鮮やかで笑いを誘う!この作品だけの助演女優賞です。

全日本の卓球メンバーである水谷隼、石川佳純、伊藤美誠など出演していたのも素晴らしかった。

ただ、卓球の描写は、実際に打つことで撮影に使っていたからか、サーブにキレもスピードもない。そして素人にありがちな脇が締められず大振りする場面が多々見受けられた。これだったら前面CGの「ピンポン」のようにしてスピード感と躍動感を高めたほうがよかったのではないだろうか。なんて思ったりもした。

ガッキーに目が奪われがちだが、脇を務める俳優陣がとても豪華で作品全体をもりあげているところがよかった。卓球映画のバイブル!とまでいかないが、後味もよく笑いのある作品だ。(ストーリーの全体が「ピンポン」に似ているのもよかった)

公式サイト:http://mix-movie.jp/

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

『アトミック・ブロンド』を観てきた!? [映画]

『アトミック・ブロンド』を観てきました。
最近観たい作品があまりないなか、ちょっとだけ待ち望んでいたのがこの作品。
オイラ、シャーリーズ姐さん大好きだから。

ストーリーは、MI6の諜報員であるロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、味方の諜報員が殺され死体を引き取るために弁護士として東ドイツベルリンに潜入するという任務だった。そのなかには、現地で長く潜入しているバーシヴァル(ジェームズ・マカボイ)と協力しながら任務にあたるというものであったが、空港に降り立ってすぐにKGBに襲われる。何から何まで筒抜けだったのである。まぁここからは、スパイ映画によくある展開、騙し騙されの連続。。物語はその内容を本部で上司に報告する形式で始まり回想映像となる。最後に取調室にもどり現在の時間で進んでいくのであるが、、、まぁ面白い展開です。

ベルリンの壁崩壊という事件にフォーカスしているので、80’sポップスが全体的に流れており作品を盛り上げています。私にとってはただただ懐かしノリノリです。

最初から最後までシャーリーズ・セロンのシャーリーズ・セロンによるシャーリーズ・セロンのための作品でした。そして、ずーとアクションで殺しまくり。まぁ彼女も右目に殴られ青あざがあったりとここまで酷い顔したことないんじゃないかと思うほどのありさま。でも、ちょっとずつ見え隠れするシャーリーズ・セロンの引き締まった40歳台の身体が映されウットリしちゃいます。

シャーリーズ姐さんを寝取った女諜報員ラサール( ソフィア・ブテラ)は「キングスマン」のあの刃物足のピョンピョン女子だったのですね。あの目つきで分かりました。

みょうにアクションが多いのですが、監督はデビッド・リーチさん。「ジョン・ウィック」の監督ですよ。そういえば、今回シャーリーズ姐さん!銀髪になったり黒髪になったりとウィッグしまくりでした。アクション路線も板についてきたシャーリーズ姐さん、もともと身体を酷使する作品が多かったのですが、「マッド・マックス」やってから、よわい40にして暴れる路線に目覚めてしまったんでしょうかね。DiorのCMでさえじっとしてらんない普通ならスタントものの映像ですものね☆

水彩絵の具でいったら、なんでも彼女色に染めてしまう「黒」のような存在感!
そんな「黒」なシャーリーズ姐さんの元気な姿が鑑賞できて満足満足(^^)v

公式サイト:http://atomic-blonde.jp/

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

『スクランブル』を観てきた!? [映画]

『スクランブル』を観てきました。
原題は、「Overdrive」なのだが、中身をみるに原題のほうが似合っているような気がします。

ストーリーは、予告編のとおりです。
ただ、いろいろ騙し騙されなのでどんでん返しありです。

クルマ泥棒のフォスター兄弟は、マフィアが落札したクルマを盗んでしまいます。そこで囚われてしまった彼らは対立するマフィアのフェラーリを盗み出すと約束してしまいます。
そこから仲間を探し出すのですが、一筋縄では行きません。マフィアとマフィアの間で騙し騙されることを平気でやってのける姿は圧巻です。

フォスター兄弟の兄は、スコット・イーストウッド。イケメンです。目がキラキラしています。
この手のイケメンを直視するのはちょっと危険。その彼女に一味の紅一点。ステファニーにアナ・デ・アルマス。狸顔のかわいい系の盗人です。度胸もよくこういう作品には一人は必要な役どころ。

交渉担当でおしゃべりの弟は、フレディ・ソープ。彼もイケメンなのですが、きっと永遠の弟キャラの感じ。まぁいいコンビです。あとから追加のスリ師デヴィンのガイア・ワイスと情熱的に結ばれますが、いい感じですね。

あとはこの作品の見どころは、往年の名車がたくさんでてくるところ。往年といっても1950~60年代なのであまり知りませんが、見ているだけでかっこいい。ちょっと???なのは、現在の名車マセラティやポルシェ911などとスピード勝負して追いつけないのは嘘だろう。と思ってしまいます。タイヤの性能も何もかも段違いなのに、、、。ここら辺は映画上の演出ですね(^_-)-☆

まぁ可もなく不可もなくのカーアクションでした。

公式サイト:http://gaga.ne.jp/scramble/

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『ダンケルク』を観てきた!? [映画]

『ダンケルク』を観てきました。
IMAXがいいんだろうなとは思いましたが、なんとなく夏バテでおとなしいほうで観てきました。

話題作なのですが、戦争映画という種別からか、日曜の昼間だというのに席はまばら。
私には、2時間弱と残暑にちょうどいい上映時間。

ストーリーは、予告編のとおり。なのですが、銃撃などの迫力がすごいです。これがIMAXだったら夏バテの身体にだいぶ影響を及ぼしたことでしょう。

ケネス・ブラナーの演じる海軍の将校がとてもいい味だしていた。こういう人が上にいると戦争では無駄死にする人は少なくなるんだろうな。。。。と思った。

最後は、新聞の記事やら駅でのビールのシーンなど、いいエピソードで締められているのがまだ救える。でも、戦争はここからまだ5年も続いたことを考えるとちょっと素直に喜べない。
捕虜となったあのパイロットはどうなったのだろう。

クリストファー・ノーランらしい迫力と人間味を味合わせてくれました。
・・・でも、土地勘のない日本人にはちょっと染みてこないかも。。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

『トリガール!』を観てきた!? [映画]

『トリガール!』を観てきました。

鳥人間コンテストに挑戦する理工系大学の学生たちの青春を描いた中村航の小説を、土屋太鳳主演で実写映画化。という作品。

まぁストーリーは、ほぼ予告編のとおりであるが、土屋太鳳もそれほど暑苦しい演技もなく爽やかにサラリとした梅酒のようにかんライトに鑑賞できる仕上がりだ。

コンテストまでの準備がパイロットにばかり焦点が行ってしまっているのが残念。この手の目的達成型は準備と練習段階でどれだけトラブルと仲たがいがあるかで当日の達成感に爽快感が沸いてくるのだが要素はあったものの起伏が少なく感動が薄い。

一番の惜しむべきは、ヒロイン太鳳ちゃんが憧れるパイロットの坂場大志(間宮祥太朗)も高橋圭(高杉真宙)ともにトレーニング姿も自転車ペダル姿もダンスのキレもすべてにおいて太鳳ちゃんのほうが上でカッコイイということだろうか。スポーツ万能なのは素晴らしいが憧れの先輩を運動神経で優っているのはちょっと男性陣かっこ悪い。。

唯一私の心をとらえたのは、、、、多景島の神社の宮司が轟二郎に似ているという伝説。
その伝説を空から確かめるのが目標とされている。
きっと作者の中村航は、「びっくり日本新記録」世代だからだろうが、今の若者にとってはナンノコッチャだろう。

解説すると鳥人間コンテストはもともとこの「びっくり日本新記録」の一企画。その中でいつも芸能人のチャレンジボーイとして本名:三浦 康一で挑戦していたのが轟二郎なのである。いやぁ懐かしかった。こんな製作費がたくさんかかる番組を日曜ゴールデンの30分番組でやっていたなんてすばらしい時代だったなぁ。。。。

いろいろ調べたら中村航の母校芝浦工業大学の人力飛行サークル“Team Birdman Trial”をモデルになっているのだそうです。

ちなみに・・・・理工系大学がみんなあんなに全員しゃべるの苦手でメガネかけてチェックのシャツきてないからね。。。


いずれにしても夏休み明け、お彼岸に向けて残暑を過ごすにはちょうどいい作品かもね。

公式サイト:http://torigirl-movie.com/

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を観てきた!? [映画]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を観てきました。
ORIGIN5作目です。

うーんORIGINを全部読んだ側からすると、ちょっと切り取り方が微妙です。
今回は、漫画では興味深く描かれているのですが、こういう風にまとめられると、はっきりいって無駄なエピソードが多い!!ザクⅡでのシャアの雄姿が始まる予感をさせて終わってしまいます。

そのあとの赤い彗星誕生を劇的にしたいのか、シャアの見せ場がほぼありません。

ルウム会戦をメインに持ってくるのであれば、この戦役のもつ意味と会戦の内容を詳しく深堀するのが筋で、漫画のあらすじをなぞるだけではちょっと物足りない内容となってしまいます。

個人的には、エピソードとしてはルウム戦役の全体を網羅して、次のレビルが捕虜となるところまでやってくれればよいのにと思いました。

公式サイト:http://www.gundam-the-origin.net/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『ワンダーウーマン』を観てきた!? [映画]

『ワンダーウーマン』を観てきました。
夏休みの宿題!マイケル・ベイ→マーベルとくれば、、→DCでしょ。
日曜朝だったが、こどもというより、、大人がたくさん!

ストーリーは、現代をパリのオフィスで仕事をこなす、ダイアナ(ガル・ギャドット)。彼女は女性しかいないアマゾン族の姫。彼女たちは、バリアに囲まれた島でひそかにアレスからの襲撃に備える。そんななか、ドイツ軍の化学兵器の正体を知ったイギリススパイのスティーブ(クリパイ)がドイツ軍に追われ島にたどり着く、そのさなかドイツ軍は島にたどり着き殺戮を繰り広げる。世界を救うことを目的にダイアナはスティーブとともにイギリスに行くが、停戦協定の審議のなか、なかなか前線への行かせてくれない。そこで極秘にチームをくみ前線にたどり着くが、、、、。
お話は、前回の「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続きでもあり、次のジャスティス・リーグへの序章でもあり、ワンダーウーマン・ビギンズでもあった。(簡潔すぎ)

ガ・ギャ様は、本当にお美しい。過去の戦歴を観るに、スパイやら潜入ものに多数出演。こういうお美しい方は、この手の作品にマスコットとして駆り出されるサガなんでしょうね☆。
それにしても何も知らない純粋お嬢様っぷりが、、無性にオトコゴコロをズキューンしてましたね。

そして、そうこうしている間に、11月にはジャスティス・リーグが公開されてしまう。まさに、話題ピチピチのうちに撮影して公開してしまおうという魂胆。一時期の「しょこたんブログ」のような戦略だ。

あえなく亡くなっってしまうクリパイさん。実は死んだ姿を映していない。きっと数作後には敵役で復活してくるんだろうと想像。いい味だしていたんだけどね。

ガギャ様もクリパイさんも若さ故の過ちを存分に映像に残した青春映画でした。

ああ、夏もおわりかぁ~(^_-)-☆

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

『ベイビー・ドライバー』を観てきた [映画]

『ベイビー・ドライバー』を観てきました。

夕方の大雨をしのぎたかったのか、話題作でもないのに席は満席。どうしたことでしょう。

ストーリーは、マフィアからの借金を返すために「逃し屋」をやっているドライバー業のベイビー(アンセル・エルゴート)。彼は、子供の頃の事故から常に耳鳴りがしており、それをかき消すために常にiPodで音楽を聴いて集中し天才的なドライビングで逃走の手助けをする。彼は、強盗で人を殺すことに違和感を感じるなか、借金を返し終わり足を洗うことになる。そこでいつも行くカフェでデボラ(リリー・ジェームズ)と運命的な出会い。彼らは恋に落ちるが、、、。マフィアはそう簡単に足を洗わせてくれない。そして最後と思う仕事になるが...そこで今までうまくいっていた仕事で運悪く偶然が重なり追われる身になってしまう。チームは一人ひとり警察に追い込まれるなか、チーム内でも亀裂が入り...。

よくある犯罪ドライバーものかと思いきや、なかなか奥深い内容でした。
ネタバレですが、ベイビーの素直な人柄のおかげで警官殺しの刑なのに、裁判で5年に減刑。
マフィアの強盗たちも人間味あふれる内面を見せてくれてとてもよくできた良作でした。

主演のベイビーにアンセル・エルゴート。彼は『きっと、星のせいじゃない。』のおにいさんだね。顔つきが幼いのでこういう青春恋愛ものにはうってつけですね。日本でいうと・・・・えなりかずき???

ヒロイン・デボラ役に、『シンデレラ』『高慢と偏見とゾンビ』のリリー・ジェームズ。あの明らかに美人な顔立ち。。劇中でも言っていたが知り合うこと自体が奇跡だ。アメリカの下町にはあんな美人さんがゴロゴロ場末のドライブイン喫茶で働いてるん?日本でいうと道の駅でしょうか。
何しろデラ・ベッピンさんなものだから目立つんですよね。
日本でいうと、、、、アモーレ平愛梨でしょうか。

悪役も豪華なものでした。
強盗のボスにケビン・スペイシー。ハリウッドの悪役商会でインテリ・マフィアぽい役をやらせたら右に出るものはいないです。今回はかっこよく死んでくれました。

もう一人の悪役にジェイミー・フォックス。もう、、彼もハリウッド悪役商会(^^)/
軍隊ものやさみしんぼ役もいいけど、悪い方が引き立ちますね。もともと悪者顔ですし。

ということで、なんとなく満席だったのもわかる気がした作品でした。
(映画.com評価も4.1ですし)
初日なのに、良作というのをどこでみなさん仕入れるんでしょうね☆
ひょっとしたら本当にゲリラ豪雨の雨宿りですか???

公式サイト:http://www.babydriver.jp/

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:映画