So-net無料ブログ作成

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」を観てきた!? [美術館]

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「生誕140年 吉田博展 山と水の風景」を観てきました。

恵比寿の足でそのまま新宿に。いつものとおり魔界都市新宿で迷子になりつつ東郷青児美術館に!
無駄に迷子になったもんだから汗だくになりました。

DSC_0389 (490x276).jpg

さっそく涼みに、、、チケット購入で入館前のビデオを鑑賞。このビデオが面白く作られておりすんなり導入できるようになっています。この反骨精神のコメントを字幕は標準語だけど、音声は九州の言葉で語られておりとても迫力があったぜ!

DSC_0390 (249x490).jpg

新宿御苑??庭園美術館??眺望はとてもよいです。

DSC_0391 (490x276).jpg

いざ入館!
構成はこんな感じですがな。
第一章 不同舎の時代:1894-1899 Studying at the Fudosha Art School: 1894–1899
第二章 外遊の時代:1900-1906 Travels Abroad: 1900–1906
第三章 画壇の頂へ:1907-1920 Rising to the Top of the Art World: 1907–1920
第四章 木版画という新世界:1921-1929 The New World of Woodblock Printing: 1921–1929
第五章 新たな画題を求めて:1930-1937 Seeking Out New Subjects: 1930–1937
第六章 戦中と戦後:1938-1950 From Wartime to Final Years: 1938–1950

もう、子供の頃から画が上手いのなんのって驚きです。鉛筆だけでこんなことできるなんて!
そして水彩画からはじまったその功績は、こんなことまで水彩画で表現できるのかいな!と思わせるような作品ばかりです。

そして、思い切って画と片道切符、いくばくかの滞在費用をもってアメリカに行ってしまうのですが、そこでボストン美術館の関係者に見初められ展覧会を開くことに、そこで大金を得ることになります。

黒田清輝・白馬会との対立がなんとも面白い!革新的な考え方も素晴らしいです。
海外ではとても評価されているのに、まさに日本での栄光なき天才です。

そして、彼のすごいところは油彩画を極めただけでなく、49歳から版画を始めてしまうのです。
それなのに初回作での完成度の高さだけでなく、数年後にはあのダイアナ妃執務室に飾ってある作品を自分で(監修のうえ)摺るまでに至るのです。

川瀬巴水との関係も出てきますが、新しい版画といういみでは似ているのですが全く考え方が違うのが面白いです。常に自分のほうが画が上手いと思っているところがすごいです(^^)

作品のすべてがよーく見れば見るほど版画でどうやってこの表現ができるんだろう~とナゾがナゾを呼びます。その緻密さに圧倒されます。

天才というものは、何をやってもすごいのだなぁと感心してしまった。
もちろんその中には努力もあるのでしょうが・・・。

お買い物して退出するときには長蛇の列になっており、人気の展覧会であることに気づかされました。久しぶりに図録を買ってしまったヨ(^^)v

少し涼んで、いざ!もうしょうがない程の猛暑のなかに出ていきます。

このAラインのコートのようなビルの造形が好きです。

DSC_0394 (276x490).jpg

そして、なんかこんなものが、、、え??
美術館立て直すの???

DSC_0395 (490x276).jpg

ちょっと焦っていたのは、帰宅経路が板橋・戸田橋の花火大会にブツかることを恐れていたのだけれど、4時半に電車には乗れたが・・・・すでに満員電車。浴衣の方が多いなか埼玉に戻ってきた!

公式サイト:http://www.sjnk-museum.org/program/4778.html

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

山種美術館で「川端龍子-超ド級の日本画-」展を観てきた!? [美術館]

山種美術館で「川端龍子-超ド級の日本画-」展を観てきました。

DSC_0384 (275x490).jpg

蒸し暑いなかあの恵比寿からの坂を登ってみてきました。

DSC_0385 (490x254).jpg

土曜昼ごろということで、それなりに混雑していました。
日曜美術館効果ってすごい!

ここのスゴイところは、いつ来ても必ず和装の客がいるということ。
文化ってこういうところに現れるんでしょうね☆
※渋谷の盆踊りがあったからかなぁ~??

構成はこんなん。
第1章 龍子誕生 -洋画、挿絵、そして日本画-
第2章 青龍社とともに -「会場芸術」と大衆ー
第3章 龍子の素顔 -もう一つの本質-
第二室には
 体感・玉堂・龍子の合作 
 龍子と信仰 

観てきましたよ!「火生」日本武尊です。
すごいパワーです。観ているだけでパワーが伝わってきます。
入口にあるものだから前のめり気味に鑑賞できます。

とにかく、「会場芸術」という展覧会で味わってナンボの作品のため迫力も満天。
決して大衆迎合ではないそのアピール度合いがたまらん。

群青で青と白で波を再現の「鳴門」はとても新しい色具合!

そして透明の戦闘機である「香炉峰」
原寸大にこだわったこと作品!はみでてますよ!

同じく屏風の「草の実」は黒面に金などで草木を描いておりますが
琳派とはちょっと違う味付け!

総じて思うのは、龍子は、黒と青の使い方が非常にウマイ!(上から目線)

そして、もういいお爺さんになってからも画題に飢えており
金閣が放火された際も、すぐに現地に飛び描き上げた「金閣炎上」

どれをとってもエネルギーの塊でした。

後期の写真撮影ポイントは「八ツ橋」が飾られておりました。

DSC_0388 (490x263).jpg

※ちょうど私のときは、人がハケてパチリ

帰路も暑いなか坂をくだってまいりました。

そうそう、作品のなか多数が大田区立龍子記念館の出展、青龍社あとということですが、一度行ってみたいです。

公式サイト:http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

POLA MUSEUM ANNEXで「Point-Rhythm World-モネの小宇宙-」展を観てきた!? [美術館]

POLA MUSEUM ANNEXで「Point-Rhythm World-モネの小宇宙-」展を観てきました。

DSC_0368 (276x490).jpg

なんでも、点描画法という意味の「 pointilism」とリズム(rhythm)をかけた造語であるのだと。

ということで、増田セバスチャンの作品とソニーデジタルなんちゃらのVR技術があいまって創り出されたのだという。

ここでは、音楽と幻想的な世界を創り出していました。

DSC_0372 (490x273).jpg
DSC_0373 (490x268).jpg

DSC_0374 (490x263).jpg
DSC_0378 (490x276).jpg

DSC_0381 (490x268).jpg
DSC_0383 (490x241).jpg

公式サイト:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html

==おまけ==
今日、飯田橋駅前のイタリアンで、昼食。
鉄道を観ながらの鑑賞って素敵。(オレ鉄?)

DSC_0325 (490x258).jpg

昨日、、、八ッ場ダムの見晴らし台に行ってきた!
テンションあがりまくり!感動した!

DSC_0314 (490x276).jpg

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

パナソニック汐留ミュージアムで「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」を観てきた!? [美術館]

パナソニック汐留ミュージアムで「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」を観てきたました。

うーんなんだか、MXテレビの「アートステージ」のCMで何度も流れていてついつい観たくなってさ。

ということで、汗ぐっだぐだの状態で新橋は汐留に到着。
さっそく涼む、、、もとい、鑑賞す。

DSC_0330 (490x272).jpg

ほぼすべての作品が撮影可なのでお気に入りをパシャ!

深澤直人さんのデザインは「スーパーナチュラル」が基本!なんでも、高浜虚子の俳句の本を読んで気が付いたんだそうです。

DSC_0332 (276x490).jpg

この椅子がいーっすと私が言ったから、7月31日はチェア記念日!パクリ

DSC_0347 (275x490).jpg
DSC_0355 (490x276).jpg

湯船もデザイン!

DSC_0349 (490x276).jpg

照明も正真正銘で彼の作品。

DSC_0333 (275x490).jpg
DSC_0345 (490x178).jpg

パナソニック製品も多数。

アラウーノ。帰りにちゃんと使ってきました(^^)/
DSC_0361 (490x276).jpg

このデザイン今も健在!
DSC_0363 (490x182).jpg

インフォバーもトランスフォーマーの対象に!

DSC_0367 (207x490).jpg

無印のCDプレイヤー今でも色褪せません。
DSC_0335 (276x490).jpg

トースターたち!
DSC_0341 (490x261).jpg
DSC_0342 (490x273).jpg

公式サイト:https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170708/index.html

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

国立科学博物館で特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」を観てきた!? [美術館]

国立科学博物館で特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」を観てきました。

DSC_0234 (266x490).jpg

前回のダイオオイカの展示のときには、気が付いたら夏休みで大行列。ということで、今回待ち望んでいた深海展!公開翌日の夏休み前にテンションあげあげで観賞してきました。

いやぁ~よかった。はっきり言って今回こども向けの展示ではないです。
標本も多いですが、それより解説などがむつかしい!
フリガナ振ってあっても書いている内容が学術的なので読んでいるだけで疲れる。

しかも、音声ガイドは、中川翔子!これはギザ借りざるをえないス!!!
ちょっと機種が旧型で扱いづらかったけれど・・・

構成はこんな感じ。

1.発光生物
2.深海の巨大生物
3.超深海
4.深海に囲まれた国、日本
5.深海底から見えてきた巨大災害
6.深海に眠る資源
7.深海調査で活躍する機器

1.2.章は、かなり見ごたえあり!とくに発光生物の解説はもたまらん!!!

以下展示!

ダイオウホウズキイカ

DSC_0240 (490x276).jpg

オンデンザメ

DSC_0236 (490x276).jpg

東日本大震災の調査に深海からのアプローチ。

DSC_0245 (490x273).jpg

掘削のヘッド!

DSC_0246 (230x490).jpg

そして、その掘削して得た断層面!

DSC_0247 (490x210).jpg

「ブラタモリ」の影響か、だいぶ私も断層とうものに興味沸いてきています。

しょこたんも乗った「しんかい6500」

DSC_0241 (490x255).jpg

マニュピュレータ!萌え!!!

DSC_0243 (490x229).jpg

しんかい6500の中。しょこたんが乗ったときの放映も観ていました。

DSC_0248 (275x490).jpg

金毘羅さんのお札があるところなんて日本人ぽいよね。。
と、ご老人が感心していました。

DSC_0249 (274x490).jpg

ざーっと回って2.5時間!
とても疲れて、楽しい常設展示までまわれなかった。

公式サイト:http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/deep-ocean/info.html
      http://shinkai2017.jp/

==おまけ==

その足で、西洋美術館の「アルチンボルド展」に行く予定だったが
平日午後にも関わらずチケットでこの行列!ココロ折れた(>_<)

DSC_0252 (490x269).jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三菱一号館美術館で「レオナルド×ミケランジェロ展」を観てきた!? [美術館]

三菱一号館美術館で「レオナルド×ミケランジェロ展」を観てきました。

DSC_0136 (490x302).jpg

まだバラは少しだけ咲いていました。

隣接のカフェも今日は大盛況で外国のかたも多く満席でした。
それにも増して、、私のいつも行く閉館1.5h前に、、、どこぞのツアー団体の方々が入館しようとしているところをスルスルと先んじて入ることができました。

80点ほどなので1時間ほどで回ることができました。
とはいえ、いつもよりは断然混雑していました。

構成はこのような感じです。

序章:レオナルドとミケランジェロ─そして素描の力
Ⅰ.顔貌表現
Ⅱ.絵画と彫刻:パラゴーネ
Ⅲ.人体表現
Ⅳ.馬と建築
Ⅴ.レダと白鳥
Ⅵ.手稿と手紙
終章:肖像画

壁にレオ様とミケさんの名言が多数書いてあったりして楽しめました。

全体として赤チョーク紙による素描が多かったです。
レダに関する両者のアプローチも興味深かったです。

途中、いつもの写真撮影コーナーはこんな感じでした。

DSC_0138 (490x258).jpg

公式サイト:http://mimt.jp/lemi/


==おまけ==
先日の大雨の前日、伊豆の道端(ジェシカじゃないヨ^^)

DSC_0044 (485x273).jpg
DSC_0046 (485x234).jpg
DSC_0058 (273x485).jpg

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ポーラ美術館で「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展を観るハズだった☆ [美術館]

??なんじゃこのタイトルは。
観ておらんのけ!! →そのとおりざんす☆

DSC_0118 (485x271).jpg

何年かに一度のこちらへのお仕事。
前回来た時も大雨の中坂を登って芦ノ湖まで来た気がしました。

いろーんな警報が出ている中わざわざ立ち寄ったポーラ美術館。

DSC_0084 (485x252).jpg

大雨加減が伝わりますでしょうか。

DSC_0085 (485x243).jpg
DSC_0130 (485x273).jpg
DSC_0126 (263x485).jpg
DSC_0129 (255x485).jpg

でもって。。。

なんと!!!!!

なんで!!!!!

こんな日に限って展示替えで常設のみ!!!!
※最近こんなの多い!

DSC_0087 (485x272).jpg

300円で入場できたのはうれしいが展示点数が少ないのですぐに鑑賞終了。

DSC_0119 (485x263).jpg

ひまなので、、いつもの喫茶で、いつものとおりモンブランとコーヒー。

DSC_0120 (485x273).jpg

でもって、常設展示。撮影OKなのだ。

DSC_0107 (485x199).jpg

ちょっとだけピカソとシャガール その壁の向こう側

DSC_0110 (485x263).jpg

モネ バラ色ボート

DSC_0103 (485x271).jpg

同じくモネ 積み藁

DSC_0102 (485x273).jpg

同じくモネ 睡蓮

DSC_0101 (485x266).jpg

スーラ

DSC_0099 (485x273).jpg

私の好きな菖蒲の着物

DSC_0094 (485x267).jpg

和のよそおい。

DSC_0089 (485x273).jpg
DSC_0091 (485x266).jpg

宣伝 ポーラの化粧品。

DSC_0098 (485x268).jpg

ガレの作品もこんな演出で鑑賞。

DSC_0111 (485x238).jpg

これメトロン星人に似ている。

DSC_0113 (244x485).jpg

以上。

いと悲し。梅雨、うらむぜ (^_-)-☆

公式サイト:http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/schedule/


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

伊藤忠青山アートスクエアで「FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~」展を観てきた!? [美術館]

伊藤忠青山アートスクエアで「FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~」展を観てきました。

ミュシャの展示を新美術館と同時期にやっているなぁと思っていたのだが忘れていました。今日の日曜美術館のアートシーンでやっていて思い出した。

今日は運がいいことに夕方から雨の予報。17時の雨の降りだしをめがけて行ってきました。

DSC_0032 (485x260).jpg

この展示。無料なのだけれど、なぜか受付が。そこでミュシャハートはどこだろクイズ!ハートの一部分を探して作品とのマッチングをするゲーム。最初まったくわからなかったけど、館内の親切な職員の方が、見るに見かねてヒントをたくさん出してくれました。15分ほどで解答でき絵葉書をゲット!いとうれし(^^♪

そこからだいぶゆーっくりと鑑賞。そんなに作品点数は多くないけれど十分なスペースを確保されておりゆったり観ることができました。

そうそう。この展覧会。写真撮影OK。まぁ照明があるので観てのとおりキレイに撮れないのだけれど画に親しむという意味ではよいのではないでしょうか。

DSCN1664 (485x359).jpg

DSC_0038 (485x271).jpg
DSC_0036 (485x247).jpg
DSC_0034 (485x263).jpg

今回はポスターがメインの展示になっており新美術館の「スラブ叙事詩」よりはミュシャに親しみやすい展示となっておりました。

そして、さすがミュシャ!館内はほぼ女子ばかりでした。オッサンは私ひとりで肩身狭かったです。

DSCN1686 (359x485).jpg

そうそう。この展示。ショップが充実。無料だからここで儲けないと!

絵葉書180円はちょっと高いけど、輸入品としては安価。
しかも今回その種類がハンパ無い!とてもじゃないけど全部なんて買えない数。(買う気だったの?)

そして、、欲しい欲しいと思っていたミュシャのポスターが破格。
B2版ではあるけれど、1000円で提供。
ほかの展示だったらポスターといえど3000円くらいするものがこの値段だ。
部屋に飾りたいと思っている方は是非!!!
※雨ということでポスターは厳重に袋詰めてくれました(39)

公式サイト:http://www.itochu-artsquare.jp/exhibition/2017/mucha.html

==おまけ==

雨のなか青山のHONDA本社の展示場では、5月に事故で亡くなったニッキー・ヘイデンの追悼とインディ500優勝の佐藤琢磨の祝賀展示をいっしょにやっていました。

DSCN1609 (485x352).jpg

DSCN1631 (362x485).jpg

==おまけ2==

自宅まえのアジサイがいい感じに染まり始めました。

DSC_0031 (485x258).jpg

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

東京都美術館で「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展」を観てきた!? [美術館]

東京都美術館で「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-」展を観てきました。こちらもやっとアップできました。まだ会期中です。

DSC_6136 (485x272).jpg

行こう行こうと思っていたがやっと足が向きました。
平日なのに、そこそこの混雑、休日だったらと思うとゾッとします。

展覧会の構成は。こんなん。。意外と細かく区切られている。。
Ⅰ.16世紀ネーデルランドの彫刻
Ⅱ.信仰に仕えて
Ⅲ.ホラント地方の美術
Ⅳ.新たな画題へ
Ⅴ.奇想の画家 ヒエロニムス・ボス
Ⅵ.ボスのように描く
Ⅶ.ブリューゲルの版画
Ⅷ.「バベルの塔」へ

章立てみてるだけでワクワクするでしょ?!

ボスの日本初来日の2点「聖クリストフォロス」「放浪者(行商人)」があり、細かいところにストーリーが凝縮されており楽しめる作品です。

ブリューゲルの版画の世界は、ボスのように奇想な世界を版画にしており本当に楽しめるなか、コワイ一面も描かれているところ、微細な表現までも細かく描かれているところがいつまでも世界で興味を持たれる所以ということが分かった展示でした。

そして、いよいよ「バベルの塔」は、1563年に描かれた大きい大バベルと1568年に描かれた今回展示の小バベルがあるんだそうです。たしかにあのディティールを描いているにしては小さい。

DSC_6129 (485x272).jpg

そこで、藝大のみなさんが3倍に拡大。その作業のなかでブリューゲルの作画の偉大さを知ったそうです。それとは別に映像で3DCG化したものもあり全体として「バベルの塔」を楽しんでしまおうとしている感じがお祭りでした☆

90点ほどで少ないのだが、ほぼ90分使ってしまった感じでした。
楽しかった。

帰りの通路にて、、バベルの塔が実際にどのくらいの大きさかを確認できる撮影スポット。

DSC_6134 (273x485).jpg

東京タワーよりもずっと高いんだそうです。

大友克洋が描いたという作品??

DSC_6133 (485x272).jpg


実は行くと決めた瞬間から、この音楽がグルグル頭のなかを回っていました。



鑑賞中も藝大生が拡大した塔を観て「コンピュータに守られているのか・・」「全然砂の嵐に守られてないやんけ・・」とふつうに(脳内)ツッコみ入れてました。

やはり私たちの世代は、、触発されているようで、こんなん作った人もいました。(サスガ)



おみごと!!

公式サイト:http://babel2017.jp/
      http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_babel.html
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

横浜美術館で「ファッションとアート展」を観てきた!? [美術館]

横浜美術館で「ファッションとアート展」を観てきました。
これも、溜まってしまっていたのをやっとアップ。

DSC_6114 (480x269).jpg

横浜を中心とした交易品としての着物、そしてヨーロッパでのジャポニスムブームも相まって現地で発展した日本らしいウチカケからイブニングコートなど変形してなじんでいったものを紹介。

広々とした展示スペースに当時の日本のものから海外のものまで幅広く展示。
そしてそれを表現した絵画なんかも同時に展示されており当時の風俗をうかがい知ることができます。

構成はこんな感じ。
第1章 東西文化の交差点 YOKOHAMA
第2章 日本 洋装の受容と広がり
第3章 西洋 ジャポニスムの流行

3章には写真撮影がOKで、海外のメゾンのドレスが展示されていました。

緑のイブニングコートがシャネルです。

DSCN1286 (359x480).jpg

DSCN1289 (353x480).jpg

DSCN1291 (348x480).jpg

日本ってすばらしいね!と思った時間でした。

公式サイト:http://yokohama.art.museum/special/2017/fashionandart/


同時にコレクション展を開催 「自然を映す」展です。

 1.自然に向き合う   
 2.庭園にみる東西のまなざし  
 3.植物をみつめる:長谷川潔と駒井哲郎  
 4.水彩で描く風景  
 5.現代の表現から  
 6.現代の表現から:菅木志雄  
 7.日本画:花鳥風月、共に在り

やはりコレクションを持つ美術館はその個性を発揮できるのがコレクション展。
横浜美術館の個性にたくさん触れることができます。

公式サイト:http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20170325-489.html

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート