So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

もう真実の世界には行けないのだね!? [こころの一言]

先週末からなんだか喉がイガイガしてアタマがボーっとしてる。
涙も出るのでヒノキ花粉かと思いきや鼻水も出だした。
風邪だと思って、久しぶりにマトリックスの世界に。

そう、本物の身体を探すためのプログラムである。RED PILL。。

過去記事

パッケージが変わったのでちょっと確認してみた。
去年買ったときには、まだ透明だったのだが、こんなことに。。。

DSCN1090 (480x359).jpg

SATOさん、、、何やってんのじゃ!?
エージェントの陰謀か!?

もはや赤色106号なる色素も入っていない。
風邪を引く楽しみがなくなってしまった。(???)

これで、もう一生マトリックスの住人じゃないかっ!!!

服用して早く寝よ。。。。[眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]



The Matrix [Blu-ray]

The Matrix [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray




古いバージョンもまだ売ってるみたい。(安心)


『フラガール』をDVDで観た!? [DVD]

『フラガール』をDVDで観ました。

フラガール メモリアルBOX [DVD]

フラガール メモリアルBOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/03/16
  • メディア: DVD

発売と同時にDVDを買ってはみたものの、未開封。
劇場で観たきり、あまりの感動を感じると次観るまでに時間がかかります。
ああ、もうあれから11年も経つのだねぇ~

過去記事こちら1こちら2

数日前、飲んでいるときに新宿からバスで行けるハワイの話になり、思わずこの作品の話に!
どうしても見たくなってしまい夜ふかしして鑑賞。
半分くらいから家族や炭鉱や山の絆にオジサン涙止まらず(T_T)

ヤシの木のエピソードは、まさにプロジェクトXの題材になりそうな話ですしね。
福島が大変なときにこそ、みんな一丸となってこの作品が元気づけてくれるはず!
そんな作品だと思うんだけどな。

この作品。トヨエツの存在も霞むほどの松雪泰子の存在感がたまらなく好きです。
借金とりでみせた弱気なところ、と、うらはらに。。まどか先生の勝気なところと優しいところが出た好きなところは、銭湯に殴り込みに行くシーン!
どれもたまらなく好きだ。

最後の蒼井のダンスもすごいと思ったが、冒頭の松雪のダンスは何度見ても見惚れてしまう。。
映画とは見ている状況でどんなにも素敵なものに見えてきてしまうから不思議だ。

プロとして客の前に立つということがどういうことかを教えてくれる作品でした。


==おまけ==

週末、加須の騎西を走ってきた。
ちょっとだけ桜もまだ咲いていた。。。

DSCN0915 (480x351).jpg
DSCN0946 (480x355).jpg

同じ枝に違う色の八重桜が咲いていた、めっちゃ珍しい。

DSCN0990 (480x359).jpg

そして、黄緑の額の桜、桜の淡い黄緑と一緒に咲く様がとても新鮮。

DSCN1081 (480x360).jpg

散った桜の花びらがたんぽぽをとても綺麗に彩ってくれています。

DSCN1022 (480x356).jpg

プチ藤棚の名所だったりするこの騎西。
桜→藤→紫陽花と夏までをシームレスに彩ってくれるんです。
でも、藤はまだ咲いている花を探すのにやっと、しだれてもませんでした。

DSCN1064 (480x360).jpg

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観てきた!? [映画]

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を字幕版で観てきた!?

良い時間がなくIMAX3Dで鑑賞。普段の倍以上の値段だが、、、その価値はあんまりなかった。

士郎正宗原作のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のハリウッド実写版である。ということで、そこここで日本のイメージが登場するのであるが、キャストも風景も日本なのだが、どうもいろんなものが中国なのである。それもそうで、制作には上海の映画会社が入っており、まぁ市場を考慮したつくりになっている。

日本を意識したといえば、キャスト。公安の上官にはビートたけし北野、終始日本語でしたが、すごい存在感漂っていましたね☆
素子の母親には桃井かおり。。。。オイラ桃井さんの英語ちょっとうまかった。考えてみればアメリカで暮らしていたんだものね。いつSK-Ⅱみたいに「20台はいいのよぉ~」と言い出すのかと思ってドキドキした。

研究者のボスとしてジュリエット・ビノシュが出ていまいたね。歳はとりましたが、美しさ色気はそのままです。こういうシリアスが役柄が似合ってきたなぁと思った。

映像は、とてもきれいで3Dの広告、ビル全体を覆う巨大なものから道端の小さいものまでなんだか幻想的でした。未来はこんな感じなんだろうね。映像でキレイだったのは、あと水の表現。水辺の格闘や水たまり、池に落ちるところ。クラゲなんかもとても繊細に表現されていた。これは3Dの効果なんだろうか。。。暗いシーンが多かったのが少し残念だ。

原作は、深夜のアニメしかしらないのであまり何とも言い難いが、原作リスペクトしていないなどいろいろ言われてはいますが、1本の映画としてはとても簡潔に仕上がっていた気がしました。

久しぶりにスカーレット・ヨハンソンをかっこいいと思えた作品でした。背中の筋肉に惚れました☆

公式サイト:http://ghostshell.jp/

そうそう、スカーレット・ヨハンソンが後半乗っていたバイクですが、先日の東京モーターサイクルショウで展示されていました。HONDAのバイクなのに、作品内ではHONDAのロゴが目立たなくて残念です。

DSCN0455 (480x349).jpg


==おまけ==

今日は本当に大雨でした。
なのに、昼過ぎにさーっと雨がやんだので、近くの桜の名所を散歩してきた。

DSCN0870 (480x359).jpg

日暮れ間近ということだったが最後の花見を楽しむべく地面のぬかるむ芝生にシートを引いて花見を楽しむ人たちが足を運び始めていました。

DSCN0895 (480x359).jpg
DSCN0898 (480x354).jpg

桜の花は、散り時を知っており散る時期を迎えるまでは、風雨にさらされても落ちないといわれています。本日は、満開からの時間も経っておりやはり散り時だったんでしょうね。

桜の淡いピンクの絨毯が引かれていました。

DSCN0887 (480x360).jpg
DSCN0885 (480x359).jpg

なんだか今年は見頃がわからぬ桜の季節でした。
このまま花粉も早くなくなってほしいんだけど・・・(^_-)-☆

原美術館で「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」を観てきた!? [美術館]

原美術館で「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」を観てきました。

近くまで行く用事があったので、立ち寄りました。
私が知り合いでもない、まだご存命のアーティスト作品を観に行くのは珍しいです。

原美術館は、2度目。なのだけれど、建物、風景、この佇まいは本当に落ち着いた空気にしてくれている。天気が雨が泣き出しそうな曇天ということもあり、その湿度と建物、お庭も全体が芸術を鑑賞する場所としての色を醸し出していた。

DSC_6022 (480x270).jpg
DSC_6023 (480x261).jpg
DSC_6026 (480x267).jpg

90 年代半ば、ミュージシャンや歴史上の人物、あるいは恋人や愛犬など、自身にとって“憧 れ”の存在や“美”を描いた肖像画が、時代に新風をもたらす“新しい具象画”と称されたアメ リカの女性作家。(広報資料より抜粋)

好きなものを好きなように描いている、そんな画風がとても好感持てました。

公式サイト:http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

==おまけ==

歩きだったので、ちょっと付近を散策。
ここから裏手の北品川方面に向かうと桜の並木道が。。

DSC_6028 (480x258).jpg
DSC_6030 (480x267).jpg
DSC_6033 (480x261).jpg

まさに桜坂。

品川神社にも行ってきちゃった。

DSC_6036 (480x270).jpg



『夜は短し歩けよ乙女』を観てきた!? [映画]

『夜は短し歩けよ乙女』を観てきました。

人気作家・森見登美彦のベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いをはせるもてない大学生先輩の一夜の物語を劇画タッチで描いた作品。

テンポがよくって、本当に幻想の世界に引き込まれるつくりになっていました。

黒髪の乙女は、魅力的だ。先輩が惚れるのもわかる。
何より移り気な興味や、お酒のつよさ。怖いもの知らずで向こう気が強いところなんてすばらしい。何より劇中の歌が上手いということも素晴らしい。花澤香菜さん。最近声の出演が多いので今後が楽しみ。

時代背景が交錯しているのもなんだかおかしかった。スマホは利用しているのに、学園祭事務局のコンピュータはオープンリールのテープが回っていたり、ノートパソコンで原稿書くのに、古本が大切だったり、店で出るワインは赤玉だったり、電気ブランが出てきたリ、、、(^^)

幻の酒、偽電気ブランは本当に京都にあるのだろうか、、、電気ブラン自体はさほどおいしいと感じないのだが、偽電気ブランはどんな味がするのだろうか。劇中出てきたものといえば、絵本「ラ・タ・タ・タム」はちょっと読んでみたかったりする。図書館ででも探してみよう。。。と考える人が多いだろうな☆

そういえば、私も「そこに酒がある限り!」と言っていた気がする。
若い頃のお酒は、いろんな妄想や未来の可能性を語れる魔法だったが、私もいつのころからか李白さんのような悲観的なお酒になってきていた気がします。反省反省。お酒は楽しくネ!

公式サイト:http://kurokaminootome.com/


==おまけ==

桜の花はつよいです。
先日拾ってきた蕾のついた枝ですが、みごと花咲きました(^^)/

DSCN0838 (480x332).jpg

『SING シング』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『SING シング』を吹き替えで観てきました。

観ようかどうか迷っていたのだが、ちょうど、春の安売りで毛布を新調したので、、、勢いで観ちゃった、、、、それ「寝具」ですから~(^_-)-☆

ということで、ストーリーは予告編のとおり。
だけど、エンディングになるにしたがって思った「泣かせる味じゃん」

個人的には、象で内気のミーナが吹き替えをやったMISIAの現実とかぶっているようで泣けてきました。まさに5オクターブガール真骨頂でしたね。。原音の方もすごいらしいけどね。

そして、注目は豚のロジータ。坂本真綾さんがやっているが本当にいい感じにうまかった。本当にオープニングの「Shake IT Off 」はショーとしてつかみはバッチリ!見ているみんなをワクワク幸せな感じにしてくれました。原音はリース・ウィザースプーンなのね。なんとなく納得。

=====追記======

このショウのオープニング!映画史に残るね(^_-)-☆
ロジータのカットが絶妙にいい。
表情もすごく活き活きしていて素晴らしい。
主婦が得意な歌で変身する姿はとても素敵だ。
帰ってから何度も観て元気が出てます。
テイラー・スイフトも嫉妬するステージでした☆
=====ここまで======

そうそう、忙しい自分を何とかするためのシステマチックな家庭。日本だったらピタゴラスイッチにレギュラー出演できます☆

そして、ヤマアラシのアッシュ。長澤まさみが特別うまいと思わなかったけど、原音がスカーレット・ヨハンソンというのにビビビと来ました。字幕版が見たくなります。

そして、なんといってもこの作品一番のハマり役は、、、ナナ・ヌードルマン。。キャラクターの顔からして大地真央にピッタンコ。めっちゃ怖いなんてところもね(^_-)-☆

吹き替え版も本当に考えられた脚本とキャストだと思った。
なかなか良くできた作品だと感じましたよ。

スキマスイッチ大橋さんのゴリラくんも歌上手かったなぁ、、、、。

ヒツジとコアラの洗車乾燥のプロセスが微笑ましかったなぁ☆

館内満員でしたが、DVDでもよい気がしましたがホットなうちに観たい作品です。

そうそう。劇中流れる音楽も新旧有名どころたくさんあったりきゃりーぱみゅぱみゅがあったりしてとても楽しめた。使用音楽はコチラハミングファインのCMの曲はノリノリだったね~(^^)v


公式サイト:http://sing-movie.jp/


==おまけ==

毎年行く近くの公園。住宅に囲まれた箱庭のなかに一面桜の天井が広がります。
だけど、、、5分咲きくらいかなぁ~まだお花見感が足りないです。

DSCN0753 (480x360).jpg
DSCN0740 (480x359).jpg
DSCN0773 (480x355).jpg
DSCN0780 (480x339).jpg
DSCN0802 (480x360).jpg

下に目をうつすと、、花壇には、春を感じさせてくれる花々。

DSCN0714 (480x353).jpg
DSCN0733 (480x359).jpg

そうそう、カラスが騒いでいて、バキバキ枝が折れていたのでかわいそうなので拾ってきました。

DSCN0806 (480x355).jpg

プリンの小さいビンに入れていますが、部屋が暖かいのか、、夜にはちょっと開き始めてきました。楽しみ☆

DSCN0809 (480x348).jpg


2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ