So-net無料ブログ作成
検索選択

国立西洋美術館で「シャセリオー展」を観てきた!? [美術館]

国立西洋美術館で「シャセリオー展」を観てきました!?

DSC_5976 (480x268).jpg
※たしかに先週あった「予告」の文字が消えている。

開幕週の昼ごろを目標にゆるーく観てきました。
あまりまだ知られていない・・・というか、全世界でもこれが回顧展って3回目なんだそうです。知る由もない。
近年彼の評価が高まっているということで、新しいもの好きの日本人が飛びついたわけですわな。

DSC_5979 (480x270).jpg

いろんなところに露出している、キレイなお嬢さんの肖像画。
カバリュス嬢の肖像という作品。なんか誰かに似ているなぁ~とずっと考えていたがどれもコレというものが思いつかない。デビュー当時の香椎由宇、、、ティーン時代のナタリー・ポートマン。。キメ手に欠けます。

DSC_5983 (480x269).jpg

展覧会の構成は次のよう。作品点数は103点なので80分ほどの鑑賞。常設とスケーエン観ても100分くらい。

Ⅰ:アングルのアトリエからイタリア旅行まで
Ⅱ:ロマン主義へー文学と演劇
   ~テレビ「アート・ステージ」で紹介されてたアポロンとダフネはここ
Ⅲ:画家を取り巻く人々
   ~カバリュス嬢の肖像はここ、いと見惚れし。
Ⅳ:東方の光
   ~コンンスタンティーヌのユダヤの娘はここ、いとかわゆす。
Ⅴ:建築装飾-寓意と宗教主題
   ~彼の画風を継いだギュスターヴ・モローなどはここ

本名は、テオドール・シャセリオー。10代でアングルの弟子になったなのね~(マキバオー風)
そこでロマン派画風を習得するが、どんどんアングルと離れていきます。

いやぁ~観てきてよかった展覧会です。開幕週なので、まだまだ来てみようという人もまばら。はっきり言って空いてます。今のうちに。。

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/chasseriau-ten/

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート