So-net無料ブログ作成

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を観てきました。
体調よくないので吹き替えで鑑賞です。

よかったですね~ヘレナのいないティム・バートン作品としては、傑作の部類ではないでしょうか。

ミス・ペレグリン役のエバ・グリーンのとても凛々しいいキリリ感がたまらん!なりきった魅力が抑えきれないくらいでした。

サミュエル・L・ジャクソンの悪役もサマになっていました。彼は悪いほうが似合います。

ヒロイン役のエラ・パーネル、、眼の大きい美人さんになりました。マレフィセントの子供時代のあの娘さん。時が流れるのは早いものです。もっともっと素敵な女優さんになってもらいたいです。

あと、チョイ役でカジノロワイヤル繋がりで??ジュディ・デンチ出演してましたね。お察しの通りあっけなく食べられちゃったから、私はいつものとおり「ジュディ・デンチ!電池切れ(^^)/」と心のなかで叫びました。

ストーリーとしては、タイムラインものではやってはいけない、過去を変えて未来を変えてしまうということをいとも簡単にやってしまい。。しかし、そこまでして未来を変えたのであれば、、もうちょっとそのあとを拾い上げてほしかったなぁ。キスですべてを解決!?それもまたよしですな。ファンタジーですから。

それにしても、、、奇妙な子供たちの、、あのかわいらし気な双子ちゃん。あんな恐ろしい能力を持っていたなんて。。。自分の能力の使いどころを知っている賢い子供たちです。

ティム・バートン作品は、奇妙な登場人物と鮮やかな色彩美もさることながら、必ず一つ人間の本質を突くようなホロリとする場面が入ってきます。今回も往年のティム作品のようにちょっとホロリでした。(ポロリじゃないヨ..スキダケド)

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/

nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画