So-net無料ブログ作成

『スノーホワイト 氷の王国』を観てきた!? [映画]

『スノーホワイト 氷の王国』を観てきた!?

実はオイラ、シャーリーズ・セロンもエミリー・ブラントも大好き。
ということで、とても映画に行ける体力ではないのですが、車を使えば席まで100歩で行ける劇場なら何とかなると思い出撃☆

私的な涙目女王のエミリー・ブラントさん。今回も最後のほうは涙目でした。しかも死ぬ間際の涙が美しかった(^^) 満足満足。
あの優しげな顔だちから、悪役が務まるのかとちょっと不安でしたが、やっぱりダメでしたね。
シャーリーズ・セロンの域まで行かないと本当の悪役なんて務まらなないよ!
そう!世論を敵に回してまで!

そして、そのシャーリーズ・セロン!もう美しすぎるということは、何もかも飲み込んでしまうのですよね~平気で妹の兵隊たちを殺しちゃう!しかも悪びれていない!眼光が強い!
この役をこなせるのは、やはり彼女じゃないとダメですね☆

そして、本当は主演のクリス・ヘムズワース。今回は斧二刀流でしたが、どうしてハンマーとか斧とかそういう系が似合うんでしょうね。トンカチ俳優ですな。

その妻役のジェシカ・チャステイン。なぜか最近宇宙モノに出ており宇宙女優を目指していましたが今回はおとぎ話の中に戻ってきました。海外のおとぎ話は女性の武器は弓矢なんですね~日本だと「なぎなた」なのに.....。

今回重要な鏡が壊れてしまったので、続編なしということなんでしょうね。
さすがに、高額なシャーリーズ・セロンを繋ぎ止めておけないんでしょう。。

原題が「The Huntsman: Winter's War 」なのに劇中のクリ・ヘムさんの扱いからか、邦題はあまり関係ないスノーホワイトに!しかもスノーホワイトは一度も顔を表さないというびっくりな展開。せめてちょっとだけでも表れてくれればいいのにね。

内容的、最後のエンドロールは、「愛は勝つ」(KAN)でもよかった気がする。
ひょっとして日本語吹き替えは、、、、、あるわけないでしょ(^_-)-☆

公式サイト:http://snow-movie.jp/


<おまけコーナー>(ダンキチナオミ?)

家の前のアジサイがほぼ満開になったので、少し離れた加須のアジサイロードに行ってきた!
しかしながらまだまだの状態でした。(残念)

DSCN8865 (480x359).jpgDSCN8871 (480x360).jpgDSCN8924 (480x350).jpg

そんなもんだから、、、他の花々をパシャリ。

DSCN8904 (480x360).jpgDSCN8912 (480x360).jpgDSCN8889 (480x360).jpgDSCN8935 (480x358).jpgDSCN8900 (480x360).jpg

オマケのオマケ。
とてもセクシーに日陰でお昼寝してました。

DSCN8950 (480x360).jpg

nice!(22)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

JRA競馬博物館で「三冠馬 ~世代の頂点に輝いた優駿たち~」を観てきた!? [美術館]

JRA競馬博物館で「三冠馬 ~世代の頂点に輝いた優駿たち~」を観てきました。

DSC_5341 (480x270).jpg

中身はもうちょっと濃いかと思いきや、どちらかというと勝負服やらのメモリアル的な展示モノとなっていました。もちろんマニアが見れば垂涎の品々なんでしょうがね。

それはそれでうれしいのですが、私の大好きだったミスターシービーのエピソードをいろいろ観たかったなぁ~伝説の新馬戦とか、不良馬場の皐月賞吉永正人の掛け声とか、菊花賞の掟破りの戦法での勝利など観たかった....;;

あとは牝馬路線もよかったね☆牝馬三冠馬は古馬になってから燃え尽きて活躍しないのですが、ジェンティルドンナの戦績はやはりすごいなぁと思った。

優駿牝馬(オークス)当日だったので、混むと思いきやそれほどでもなく今や競馬場はいろんな人が楽しめるテーマパークになっていました。

そして、肝心のオークスの結果ですが、、、、、大負けしました;;

DSC_5358 (480x270).jpg

公式サイト:http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/keiba/event/event_20160408.html

<おまけコーナー>(ダンキチナオミ?)

久しぶりの東京競馬場。クロフネのあのJCDを今はもうない3-4角内馬場券売所上で観て以来。
しかもこんなにもいい席で。

[るんるん]左はビール工場!」のそれが見えます!

DSC_5344 (480x270).jpg

女性の祭典を盛り上げるようにバラが咲き誇っていました。

DSC_5336 (480x270).jpg
DSC_5340 (480x270).jpg

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』を観てきた!? [映画]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』を観てきました。

混んでました。でも回を重ねるにしたがって、オッサン濃度が増していってる気がする。
40代のおっさんって世の中にこんなにいるんだ~って感じ。(自分もですが;;)

今回は、テキサス(ルウム)からジオンに向かうエドワウ、、自分が狙われていることを知りトラップをかける。そしてシャア・アズナブルとして士官学校に入り込む。そこでジオンの末息子ガルマと出会う。そこから、暁の蜂起作戦を行うことになる。。。

キャスバル君怖いですね~自分の目的のためなら、何でもしちゃう!怖い!彼の策略で何人死んでいるんだ!
そしてそこまでの野望があるから、いろんな運命の起点になっています。

ガルマとの友情の醸成、1年戦争の種を作った、そしてドズルのゼナとのなれそめはあの作戦(壁ドンです;)。そしてその子供ミネバが・・・時は巡るね!運命だよ!ディスティニー(松任谷由実)を聴きたくなった(^^)/

エンドロールのあとも次回予告が長いので注意です(^_-)-☆

公式サイト:http://www.gundam-the-origin.net/

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』を観てきた!? [映画]

『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』を観てきました。

レイトショーでもよかったんだけど、、、前回公開劇場も少なく満員だったことを考えて、初日早朝からトライ!してきた。
しかし、、、それほど混んでいなかった(30人弱のオッサンたち)のだけれど、、、むしろコアな変態が集まった感じで微妙な熱気と笑いのある雰囲気でした☆

物語は、大学生となった色丞狂介(鈴木亮平)は、日々悪事から町の平和を守っていたが、愛子(清水富美加)はそれが気に入らず、自分のパンティを返してほしいと言い出す。そして狂介は生物の講師から誘惑されてしまう。そんなある時、日本中のパンティがなくなるという事件が発生する。使用済みのパンティでないと変身できない変態仮面は、飛騨の山奥にいるという変態の師匠(安田顕)に弟子入りし新品のパンティでも変身できるようになる。。。。
※ちなみに使用済みでもガードルではダメでした、大きすぎて前が見えない!

いやぁ~映像化不可能と言われたこの作品を1度ならず2度までも映像化してくれたのがとてもうれしい、個人的には今年一番待ち望んでいた作品です。
ニューヨークを舞台にしているところは、もう、ほぼスパイダーマン。
スパイダーマンよりすごいのは、あのSM用の縄だけで同じようにビルの立間を立ち回っているということ、しかも縄を繰り出すと一瞬のうちに亀甲縛り!人間技ではないです!

片瀬那奈のハジけっぷりには今回も恐れ入ったが、朝ドラ俳優の二人の主演ということで演技に落ち着きが出てくると思っていたら、、、、それどころかさらにディープに。
彼女ができたといって「もう亀甲縛りしたの?」と最初に聞くかい?

清水富美加の大真面目な仕草でパンティパンティと当たり前のようにセリフをしゃべっているのが新鮮だ。しかも最後は、新品を履いてから脱ぐというお宝シーンまで・・・・。

「誰でもいいんじゃない、君のじゃなきゃダメなんだ!愛子ちゃん。」

「それはオレのマグナムだ!」等々名台詞も鑑賞時に楽しめちゃいます!!

変態の方には、見逃せない作品です(^_-)-☆
バカバカしいことをここまで大真面目にやるとある意味エクスタシーです(^^♪
※そういえば、今回小栗旬の名前がなかったなぁ~

公式サイト:http://hk-movie.jp/

第一弾「HK 変態仮面」こちら あれから3年も経つのだね☆

nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

国立新美術館で「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 」を観てきた!? [美術館]

国立新美術館で「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 」を観てきました。
※写真なし
久しぶりのダブルヘッダー。間に合うか心配だったけどなんとか滑り込み。

構成はこんな感じ。
ほぼルノワールです。なので黒いパンツとシャツで鑑賞(^_-)-☆

1章 印象派へ向かって
《猫と少年》;いきなり一発目にこれがありドキッとします。
《陽光のなかの裸婦(エチュード、トルソ、光の効果)》:陽光の木漏れ日がたまらん演出で美人さんを際立ててます。広瀬すずちゃんに似てます。
2章 「私は人物画家だ」: 肖像画の制作
《読書する少女》しもぶくれ加減は、レネー・ゼルウィガーぽいです。
3章 「風景画家の手技(メチエ)」
《草原の坂道》など
4章 “現代生活”を描く
《ブランコ》もここ。
《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》:今回の目玉です。かなり大きく臨場感あり!
 ムーラン・ド・ラ・ギャレットを現した映画の一場面が流れており、当時の熱気が伝わってきます。。
対面に《田舎のダンス》《都会のダンス》があり大きな展示スペースが用意されています。
5章 「絵の労働者」: ルノワールのデッサン
6章 子どもたち
《ジュリー・マネ》があります。
7章 「花の絵のように美しい」
8章 《ピアノを弾く少女たち》の周辺
当然ながら《ピアノを弾く少女たち》があります。
9章 身近な人たちの絵と肖像画
《薔薇を持つガブリエル》
10章 裸婦、「芸術に不可欠な形式のひとつ」
裸婦がラフな感じに展示されています。

100点と少な目なので、50分で鑑賞終了。もう一度最初に戻って鑑賞も全部で70分!
会場はだいぶゆったりしているので鑑賞しやすかった。

公式サイト:http://renoir.exhn.jp/
   http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/renoir/

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

宇都宮美術館で「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展を観てきた!? [美術館]

宇都宮美術館で「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展を観てきました。

珍しく平日のおやすみ、起きてみたらちょっとガレ気味(競馬用語)。
なーんだ、じゃあガレの花瓶観てくればいいんじゃない(^^)/

ということで、箱根に行くか悩んだ挙句、そういえば宇都宮もやってた気がした!ということで森の美術館!宇都宮に行ってきたさ~

DSCN8723 (480x358).jpg
#この画像じゃ森加減がわからん!

構成はこんな感じ
★プロローグ 芸術をめざして
 ・歴史主義
 ・エキゾティシズム
★ガレの庭
 ・庭
 ・日本の花
 ・花の友、昆虫
 ・フラワー・ファーム
 ・愛国の花
 ・アール・ヌーヴォーの花
 ・ガレの工房
★象徴の森
 ・光と闇
 ・我が根は森の奥底にあり
 ・神秘の花
★エピローグ 芸術の永遠を願って

素敵な品々は諏訪湖のほとりにある「北澤美術館」の品々。

いろんなむつかしい技術やらモチーフやら説明があったけど、、、
ようはキレイなガラス工芸がたーーくさん展示されているということ。。。

いいね単純にキレイなもの観るだけというものは。

ドーム兄弟やラリックに対する考察もありなかなか賢くなった気がしました。

癒されました。。。。。


そして、常設コレクションを鑑賞のまえに、、、レストランで食事。
森のなかのレストランは地のものもおいしい。私は肉!

DSCN8726 (480x354).jpg

そのあと、コレクション展第一弾目

なんと、、マグリットの「大家族」って宇都宮美術館所蔵なんですね☆
昨年のマグリット展 東京・京都で外出していたので戻ってきたよ展をやっていました。
数年前の本国への里帰りの模様も写真展示あり興味深かった。

あと宇都宮の彫刻ということでいろんな彫像などありました。

ミュシャも有名な宇都宮美術館ですが、今回展示なしでした。

さいごに駐車場からの途中にある大草原・・・ローラいる?

DSCN8721 (480x360).jpg

公式サイト:http://u-moa.jp/exhibition/index.html


<おまけコーナー>(ダンキチナオミ?)
このまま帰ってもつまらんので、今週末からバラ祭り(ローズフェスタ)の真岡の井頭公園に立ち寄った。
ここのバラ園は好きだ(^^)v

DSCN8767 (480x360).jpg
DSCN8775 (480x360).jpg
DSCN8813 (480x338).jpg
DSCN8837 (480x360).jpg

いい感じに見えてますが、バラ園としては半分くらいの開花状況でした。
地元のひとはワクワク感があるのか結構にぎわってましたね(^_-)-☆

井頭公園公式サイト:http://www.park-tochigi.com/igashira/

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『ズートピア』を観てきた!? [映画]

『ズートピア』を観てきました。
字幕を探しましたが、あまりにも上映館がなく吹き替えでトライ!

どんな動物たちも平和で平等に暮らせるズートピア、そこで警察官になることを夢見る田舎のウサギ、ジュディ(上戸彩)。悔しさをバネにウサギ初のズートピア警察官になることができましたが、配属初日、命じられたのは駐車違反。そこで、いんちきキツネのニック・ワイルドと出会います。ひょんなことからジュディとニックは連続失踪事件を捜査することになりますが、意外や意外、、信用していた人が黒幕と判明。しかし事件は解決したが、偏見と闘ってきたジュディは、逆に偏見を与えいろんな人を苦しめてしまう。。。

ストーリー的には、多人種国家のアメリカらしい題材です。まぁ日本も一緒だけど。
夢をあきらめない!いろんな個性を尊重しよう!なんてメッセージ性もあり素敵な仕上がり。
前向きにさせてくれる終わり方がいいですね、なまけものさんの終わり方、、、笑っちゃいましたけど(^^)v

主演ジュディの吹き替えは、上戸彩!王道いってますね。声優としても安定感すら感じられます。

でも、できれば字幕で生声を聴きたかったなぁ~。。

公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

ジュディといえば、このウサギになるんでしょうね~
私は、まだまだ「魅せられて」世代です;;


<おまけコーナー>(ダンキチナオミ?)

GW帰省で撮った実家の花々。なんだかわからんけど色合い春です。

DSCN8571 (480x360).jpg

DSCN8576 (480x360).jpg

DSCN8588 (480x359).jpg
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『アイアムアヒーロー』を観てきた!? [映画]

『アイアムアヒーロー』を観てきました!?

どこかの国際映画祭で賞を取ったのだとか、もろもろ含め評判いいので観てきた!?
127分と比較的長いので体調を考えるとどうかと思ったのだが、後半からの息をのむ展開に思わず時間を忘れました!?

ストーリーは、漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)。ある日喧嘩して追い出された彼女の家に戻るとゾンビになっていた、逃げだし職場に戻るもみるみるうちに町中がゾンビ化していた。そんななか逃走中に出会った女子高生の比呂美(有村架純)とウィルスは高いところでは感染しないとの情報から富士山を目指す。そんなところで郊外のアウトレットモールで食料を探しているところで自衛団に助けられるが、、、

いやぁ~パニックムービーとしては、後味も爽やかだしなかなか良かったのではないでしょうか。

なかなかショットガンをぶっぱなしませんが、最後の30分くらいはぶっぱなしっぱなしです。
終始人間を撃たずにゾンビだけを撃っていたのはヒーローでしたね。

あんな冴えない感じでも優しさがにじみ出てくるからこその強さが真の英雄(ヒーロー)にしてくれたんでしょうね☆

有村架純は途中からセリフもないですが、無表情での演技がたまらなくよかった。実は演技派かもしれませんね。

長澤まさみは、、いい感じのサバサバ感でした。ああいう役ハマり役ですよね~。

そして影の主役徳井優!妻がゾンビになってしまった姿を客観的に見ていたが、、最後に戦っていたなかかまれてしまったのは妻だった。あのシーンは本当の愛を感じたね(^_-)-☆

好評価も納得の作品でした。

公式サイト:http://www.iamahero-movie.com/


<おまけコーナー>(ダンキチナオミ?)

近くのバラ園。。。絶対今年は早く咲いていると思いちょっと足を延ばした。
そしたらやはりこんな感じ。

与野公園はバラ祭りまであと15日あるのに、この満開加減!
どうしたもんでしょう(^^)v

DSCN8608 (480x360).jpg
DSCN8604 (480x343).jpg

満開加減はこちら、8分咲という感じ

DSCN8637 (480x360).jpg

口に一輪くわえたくなりますね

DSCN8708 (480x360).jpg

他にも花盛り

DSCN8716 (480x360).jpg

良い天気の一日でした。
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『テラフォーマーズ』を観てきた!? [映画]

『テラフォーマーズ』を観てきました。
レビュー評価があまりにも低いので心配していましたが、私はそこそこ楽しめました。

ストーリーは、2599年、火星移住計画のためにかつて火星にゴキブリとコケを送り込んだ「火星地球化(テラフォーミング)計画」により平均温度を上げ凍った二酸化炭素を気化させ温室効果をつくろうとしていた。いい感じで地球化してきたので、ゴキブリを退治しようと15人の日本人が送り込まれた。しかしそこには進化しすぎたゴキブリたちが星を支配していた。15人の日本人は各人が昆虫のDNAを埋め込まれており超人的な能力でゴキブリたちに立ち向かう。

伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬、ケイン・コスギ、菊地凛子、小池栄子、滝藤賢一と豪華な面々。小栗旬は顔は全然わからんかったけど、存在感ですぐにわかりましたね。ジョニー・デップを目指しているんでしょうか(^^)

小池栄子よかったですね~あの強気なところよかったです。「おまえいい女だな」に「今頃気が付いたのか」こういう女性タイプです。

そもそも昆虫の要素をもった改造人間って・・・・仮面ライダーじゃないの?じゃぁ小栗旬は死神博士ってこと???と妄想も尽きません。

各人の昆虫要素を何が昆虫一なのか解説をつけてくれているのでとても勉強になります。「ダーウィンが来た!」を観ているようです。

そしてエンドロールで分かったこと!
ナレーションは、池田秀一さんだったこと!(豪華!)
そして特別協賛にアース製薬!(クロネコヤマトの再来?)
続編ありそうなので次が楽しみです☆

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/terraformars/

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『ちはやふる 下の句』を観てきた!? [映画]

『ちはやふる 下の句』を観てきました。

上の句があまりにも爽やかだったので、この清涼感で残りのGWを乗り切ろうと観てきました。

物語は東京代表として全国大会に挑むかるた部の5人!力を合わせて一つになっていく様はまさに青春そのもの~...(人混みに流されて・・・・♪)
そして、かるたを辞めるという新に太一と千早は会いに行く。しかし悩みやモヤモヤはお互い深まるばかり!意外なことに今回から登場のクイーン若宮詩暢(松岡茉優)は新の幼馴染だったということ。新はクイーンから、そして千早たちにかるたをやることの意味を考えていく。。。

上の句ほどの爽やかさはないけど、熱かったね!
太一も千早も一人でがんばろうとするとことをチームのみんなが支えていくというのは本当に高校の部活としてあるべき姿と思った。

最後のシーンは原作にはないとのことだけれど、各々がトップとして対決する喜びの笑みが印象的でしたね。

そして、パフュームのエンディングテーマもよかったです☆

公式サイト:http://chihayafuru-movie.com/

BTOのパソコンもGWから到着が遅れ、ようやく本日環境復旧。 しかも先週末から風邪を引いてしまい踏んだり蹴ったり! パーティも飲み会もBBQも全部キャンセル(ウソ)。生温かい部屋で一人風邪に苦しんでいました(>_<) やっと今日動けるようになり、リハビリを兼ねて下の句を鑑賞というわけでした。 風邪がこんなにも苦しいものかと改めて危機感!万病のはじまりですからネ(^_-)-☆ みなさまも気を付けて!

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画