So-net無料ブログ作成

『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観てきた!? [映画]

『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観てきました。
予告編を観てから、事実に基づいた作品ということ、それをヘレン・ミレンが演じるということでとても楽しみにしていた作品です。
たぶん素敵な作品なんだろうなぁ~と思いつつも、この手の作品は万人が観たいと思うものではないため配給も足が速くいつの間にか終了してしまうので急いで鑑賞してきたわけです。

ストーリーは、予告編のとおり(手抜き常習化;)。
オーストリア在住の裕福なユダヤ人家族。ナチスから逃れるためにアメリカに渡ったマリア(ヘレン・ミレン)。姉の死後の資料を整理している間に叔母アデーレの肖像画がオーストリアにあり返還請求できることを知る。友人の息子の駆け出し弁護士とオーストリア政府相手に戦いを挑む!

劇中のヘレン・ミレンは本当に素敵で輝いていましたね。強気な側面あるも年齢からの弱気な仕草もみせつつ、誇りをもった行動というのもとても好感が持てました。

[るんるん]女心のミレンで~しょう~。。。ということで、あの叔母の作品自体とオーストリアへの未練が彼女に行動を起こさせたんでしょうね☆ ヘレン・ミレンだけに;;

マリアの若かりし日の女優さん。タチアナ・マズラニーというらしい。独特の眼差しなど魅力的な女優さんでしたね。今後が楽しみです。

若き弁護士ランドル・シェーンベルク役のライアン・レイノルズ。誠実さがにじみ出る役柄で彼にピッタンコな感じがしました。
そしてその妻になんと!ケイティ・ホームズ!もうすっかり若妻の役が板についてくる年齢なんですね。

ストーリーとしては、若きオーストリア時代の回顧シーンが多かった気がしますが、このシーンがあったからこそあの調停やら裁判でのココロのうちが観る人の心に響くものとなったんでしょうね☆

クリムトの作品についても見識が広がったので観ておいてよかった作品となりました(^^)v

※全然関係ない妄想ですが、アデーレさん現在NYのノイエ・ギャラリーに展示されているとのことで、ノイエ?といえば、、、、ジョー・リノイエの「シンクロナイズド・ラブ」を思い出しちゃった(^^)v (タケフジ?)

公式サイト:http://golden.gaga.ne.jp/

今夜は、ヨウツベ探して都はるみを聴いて眠ります。「北の宿から」はいろんな人がカバーしていますが、オリジナルの彼女のがやはり一番深みもありお気に入りです。今日は帰り道からずっとココロのなかで唄っていたなぁ~(^^;;


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

『007 スペクター』を観てきた!? [映画]

『007 スペクター』を観てきました。
スペクターということで、日本市場を意識して、ダジャレを織り交ぜてくると思いきや、、何もなかったです。(それデーブ・スペクター?)
しかしながら、オトナのジョークでクスっ(^^) は何回かあって、オトナの娯楽といった仕上がり☆

ストーリーは、、予告編のとおり(最近手抜き気味)。

人の美意識というのは不思議なもので時代とともに変化していきます。
当初ダニエル・クレイグになったときには、この猿顏(失礼)に「ボンドッ!ジェームズ・ボンドっ!」が務まるのだろうかとビミョーな気持ちになったものでしたが、今や彼=ジェームズ・ボンドですものね(^_-)-☆
彼独特といえば、女性を抱くシーンになるきっかけは、シリーズ通して吊り橋効果的な衝動で抱くようなシーンが多いような気がします。ピアース・ブロスナン やロジャー・ムーア 流れるような口説き方ではないのが人間的でよろしいです☆
彼のボンドが終焉に近づいているの残念です。もっと見たいのにね(^^)v

今回、美女が2名も出ているのが素晴らしいですね。
まずは、マフィアの未亡人ルチア役のモニカ・ベルッチ!マトリックスやマレーナでも意味深な美女だった。今回は(対ボンドに)けっこうイケイケでノリノリでしたね。時代が時代ならロックンロール・ウィドウと呼ばれたでしょうね(^^)
ベルッチです!とネズッチみたいにナゾかけはしなかったですけどね(^^)v

そして、もう一人は、マドレーヌ役のレア・セドゥ-。
[ネタバレ]最近としては珍しくボンド・ガールなのに死にません。
しかしながら、名が体を表さず美味しい焼き菓子のような役ドコロではないのです。
やはり、「ミッション:インポッシブル」の時のように、危うい香りが内在するその物腰が素晴らしい魅力です。
きっとこういう医者にカウンセリングされたらノボせあがって診察にならんのでしょうね☆

あとは、ナゾの組織スペクターのボスキャラ:オーベルハウザー役に クリストフ・ワルツ。彼の残酷ながらウィットに富んだ会話は、彼だからこそできる演技なんだろうなと思っちゃいまいた。

そして..今回なんといっても見せ場が多いのが「Q」です。
いままで、部屋にこもって秘密兵器を作成していたのが、戸外にでたんですよ。
ブーダンに指南されたモネみたいに・・・・☆
引きこもりな草食系美男子の「Q」の活動的な一面はやはりMI6の一員ですな(^^)v

そうそう、そのQが作ったオメガの時計。今回いつものシーマスターではないのですが、これ特別モデルで発売。
もう、、なんだか、日曜朝の戦隊モノ~仮面ライダー~プリキュアの流れのようにおもちゃメーカとタイアップな気がしちゃったよ(^^)v  (相手がオトナ向けだけにタチが悪いですね(^^;;)

作品的には、なんてことのない予定調和的な感が多かった気がしますが、現代のオトナ娯楽作品なので楽しむことを目的に鑑賞しましょうね(^_-)-☆

公式サイト:http://www.007.com/spectre/?lang=ja


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

川井郁子の「100年の音楽」。 [映画]

今帰宅してふと点けたテレビでやってた川井郁子の「100年の音楽」。

お題は、「スター・ウォーズ」

ヴァイオリンをメインにチェロ・ヴィオラ・コントラバスなどなど
弦楽器だけでの「スター・ウォーズ」のテーマは初めて聴きましたが爽快感たまらん(^^)/

帝国軍を意識した川井郁子レザーのミニスカ衣装もグッドでした☆

いよいよテンション高まってきましたネ(^_-)-☆


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あべのハルカスで「春信一番! 写楽二番!フィラデルフィア美術館浮世絵名品展」を観てきた!? [美術館]

書きかけで、下書きのままでした。。。。;;

体調悪いので早退したので、先日の出張なぞおもひだし記すなり。
大阪は超超超久しぶり。
今は昔、悲しいおもひでしかない大阪ですが、、、
当時の感覚で出発したら早く到着しすぎてしまい少し散策したさ。

まず、、、大阪駅も新大阪駅も通り過ぎた京都駅もわけわからんくらい大規模になっていたということ。
いつからだろう・・・・(^^)?

DSC_4903.jpg
#蒸気があったら、サン=ラザール駅みたいでしょ(^^)v

で、ハルカス行ってきた。美術館は地下一階から16階までバビューンと超高速エレベータに乗るのであった。
そしてエントランス。どことなく雰囲気は六本木ヒルズの森ギャラリーに似てます。
しかもコレ夏に三井でやってた。。。。でもハルカス行って見たかったのだ(^^)/

DSC_4904.jpg

絵葉書はこの2枚だけ、小銭がこれしかなかったので、、解説を読んだあとなのでこの2枚でも十分満足。

DSCN5732.jpg

展覧会は以下の構成。しかも150点もある。

第1章 錦絵以前 ~浮世絵版画の始まり~
第2章 錦絵の誕生 ~春信の浮世絵革命~
第3章 錦絵の展開 ~清長・歌麿・写楽 みずみずしい美人と個性的な役者たち~
第4章 錦絵の成熟 ~北斎・広重-旅への憧れ、花鳥への眼差し~
第5章 上方の錦絵 ~流光斎・長秀-ありのままに描く~

後半は、いろいろ観たこと聞いたことあることですが、前半は本当に勉強になりました。
ちょっと150点に焦りましたが、なんとか1時間で完了。もう少しゆるり観たかったデス☆

ちなみに・・・・すぐそこにある無料の展望箱庭。

DSC_4908.jpg

夜はさぞかしきれいなんでしょうね☆

公式サイト:http://www.aham.jp/
       http://pma2015.jp/

おまけ。
ぞっくゾクする曲線美ですね。頬ずりしたい(^^)

DSC_4912.jpg
#鉄ちゃんじゃぁないよ(^^)/



nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』を観てきた!? [映画]

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』を観てきました。
前作がモヤっとしたまま終わったので、お客さん入らないかも~との予想をよそに半分は埋まってましたかね!?
ここまで来たら、最後まで観ないと・・・・という責任感から「いざ劇場!」で行ってきたさ!

ストーリーは、前作の続きなんだけど、どこで終わったか忘れちゃってるからちゃーんと1作目からのダイジェストが流れるので心配御無用。そうそう、キャピタルに忍び込んで、ピーターを連れ出したところで終わったんだった。とうことでその続き。あれこれありながらも、カットニスは広告塔としての役割をしつつ第13地区に向かう。洗脳されたピーターに悩みつつも、極秘裏にスノーを抹殺せんとカットニスは最前線に乗り込むのであった。。。これ以上言ってしまうと面白くないのであとは劇場で!

カットニス・エバディーン役のジェニファー・ローレンスさん
いやぁ~あの田舎っぽい下膨れな娘さんがオトナになったもんです。
相変わらずな情緒不安定な役ですが、弓の名手であることはいろんなところにちりばめられておりシリーズ通しての唯一のよりどころな気がしました。
今回こそはあの炎のドレスをもう一回観たかったのですが、拝見できませんでした。楽しみにしていたのになぁ~結構あれCGにお金かかるんでしょうかね(>_<)

ピーター役の池畑慎之介さん、、、、じゃなくってジョシュ・ハッチャーソン君。永遠の高校三年生っぽい日本で言えば濱田岳的な彼ですが。今回洗脳からの復活で重要な役なんだけど、やっぱりなんか存在感が薄い気が。。。。

あとは、元恋人ゲイル役のリアム・ヘムズワースくんやら前回見せ場あったフィニック役のサム・クラフリンくん、、どちらもイケメンですが、なんだか今回見せ場なし。

うーーん結局この作品。目立っていたのはジェニファー・ローレンスだけな気がしてきました。
しいて言えば、スノー大統領くらいでしょうか。
コイン首相のジュリアン・ムーアもなんか途中からこうなるだろう...という伏線ありちょっと意外性なし。
もうちょっとラストの仕掛けがその時までわからんようにしてほしかったのになぁ~とワガママなこと考えたりしました。

今作が遺作となてしまった名優フィリップ・シーモア・ホフマン、あんまりセリフはなかったけど、存在感あったなぁ~あの意味深な人の好さそうな笑みは、悪モン役にも良いモン役にも重宝されていたんだろうと思うと、惜しい人を亡くしました。エンドロールで「・・・に捧ぐ」みたいなのでてくると思ったけど見つけられませんでした。ご冥福をお祈りします。

ストーリーのなかで、各々のエピソードのつなぎ目の処理が??な部分があり、途中話が飛ぶ気がしたのですが、この作品だけを観ても楽しめたと思います。
いずれにせよ、シリーズが終わって肩の荷が下りた気がしました(^^)v

公式サイト:http://www.hungergames.jp/

<関連レビュー>
『ハンガー・ゲーム』
『ハンガー・ゲーム2 』
『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
『刑事物語2 りんごの詩』

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

歴史秘話ヒストリア「天才か?ドラ息子か?~尾形光琳 風神雷神図に挑む~」 [美術館]

録画で観ました。
今年の後半に向けて畳み込むように「琳派」攻めですな(^^)
#でも、風邪薬「改源」はこの年に風神キャラで勝負をかけてきませんね☆

で、時々録画で観る「歴史秘話ヒストリア」で 尾形光琳をやっていたので観てみたさ。
渡邊あゆみアナ(黒田あゆみさん)のしっとりしっかりしたナレーションも気持ちいい。

尾形光琳、、、生涯7人の愛人。30過ぎまで定職に就かず、金持ちのドラ息子。
そんな前置きだけでゾクゾクします。

美術展でのアタマ書きで、こんなこと書かないもんね(^^)v
でも、ドラマとして観るととんでもなく「すうぅ~」っと入ってきて理解が深まります。

絵師になるまでのエピソードがよいですね、それとそっからのアイデアなどなど。。。
江戸に行く前なんぞの本格絵師となってからは、、、、ご存知のとおりでした。

始めから天才でないところは物語性ありますが、ドラ息子も、そこにいたるまでに観た俵屋宗達の画など、、、すんごく彼の礎となっていたんですものね。
興味深い人物像ですね☆
映画化すればいいのに(^^)/

来週まだ再放送があるので見逃した方は是非。

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/265.html

#先週の谷崎潤一郎は、壇蜜目当てだったけど、今回光琳を演じた西村和彦もよかったですね☆

ちなみに・・・・今日はB'zを聴いて眠る予定・・・・;;
Calling

Calling

  • アーティスト: 稲葉浩志,松本孝弘,池田大介,徳永暁人
  • 出版社/メーカー: Rooms Records
  • 発売日: 1997/07/09
  • メディア: CD
[るんるん]Can you hear the calling?  光琳だけに・・・・;;

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『コードネーム U.N.C.L.E.』を観てきた!? [映画]

『コードネーム U.N.C.L.E.』を観てきました。
今年はスパイ映画豊作の年なんだそうです。サンクスギビングデーに近い日に公開だなんて気が利いてますね☆

ストーリーは、予告編のとおり。(毎回テヌキ?)
冷戦時代に、核濃縮技術を手に入れてナチス復活をもくろむイタリアの海運業者。一方その科学者の娘を巡って、ソ連KGBとアメリカCIAが手を組んで阻止しようとする。てな感じ。

ガイ・リッチー監督ということでアクションもスリルもそうですが、音響効果を期待していたのですが、あんまり今回効果的に音楽を使ってませんでしたね☆スリル感増す感じはあったけど(^^)

主人公3人+悪役女子1名
カウボーイことナポレオン・ソロ役のヘンリー・カビル。悩めるスーパーマン役で名を馳せましたものね。実は彼ボンド候補にもあがったんだとか。。色男でモテるとこなんてボンドそのものでした。私が女性だったら、あの手のオトコは、かっこいいけどキケンアンテナがビンビンに響いて近寄りたくないです☆

サンボ大会優勝のイリヤ・クリヤキン役のアーミー・ハマー。ウブでキレキャラですが、女性が惚れそうなキャラ。ギャビーがその後ロシア語を修得中というのがエンドロールで流れ、あホレたなぁ~と思いました。

今回のヒロインギャビー役のアリシア・ビカンダーさん。かわいいですね。その上自動車整備もお手の物だしドライビングウマイし。男気あるし、お転婆だし。今回の役どころをいい意味で理解しなりきってました。小柄なのもその魅力を増幅している要因だった気がします。

悪役女子のヴィクトリア・ヴィンチグエラ役にエリザベス・デビッキ。彼女くらい超美人さんだと悪いことも似合います(どういう褒め方?)。。最後の彼女のプライドを逆手に取ったやり取りは、この女性の性格をよく知るソロだからこそな戦略したね。

おヒュー様こと、ヒュー・グラントは、色男ぶりも主役にゆずってしまし、おそらくどこに出ていたんだとみんな気が付かないほどのチョイ役。物語的には重要な位置づけなんだろうけど、ちょっと彼がやる意味としてはオーラ消し過ぎな感じがしました。

時代考察もいろいろ苦労なされた形跡がたくさん。女子ファッションも無理やり流行を集めていた感じがあったし、東ドイツでは、トラバント?と思わしきイケてないクルマでのカーチェイスシーン。あんなに性能ないです。
そして、イタリアに行ってからは、本当にこれでもかと言うほどの当時の美麗デザインのスーパーカーが出てきます。モーターボートまで年代物を探してきてました。そんなん眺めるだけでも楽しめた。
イケてないのは、レースシーン。当時でもフォーミュラカーと箱車が一緒に走ることはありません。ちょっとミスったね(^_-)-☆

いずれにしても、スパイ作品豊作のなかでもめっちゃ楽しめたスパイ作品となっていました。
続編もありそうなので、あの3人のチームで世界の危機を救ってほしいです。

公式サイト:http://eiga.com/movie/79810/


nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

三菱一号館美術館で「プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱」を観てきました!? [美術館]

三菱一号館美術館で「プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱」展を観てきました。
けっこう強い雨の週末!とくれば、いつ行くの?今でしょう!ということで行っていた。
16時半過ぎに入館したけど、結構混んでいましたね。
先週の日曜美術館アートシーンで紹介の翌週なんでその影響ですかね(^^)

DSC_4827.jpg

構成は以下のとおり。コレクションの礎を築いたのは歴代の国王ということだけあって、素晴らしい作品ばかりでしたね☆
Ⅰ 中世後期と初期ルネサンスにおける宗教と日常生活
 ここにヒエロニムス・ボスの作品がありました。小さいですが生であまりお目にかかれない作者なのでじっくり鑑賞。
Ⅱ マニエリスムの世紀:イタリアとスペイン
 エル・グレコの受胎告知はここにあった。ティツィアーノの十字架を担うキリストは、生々しくて痛々しかった。
Ⅲ バロック:初期と最盛期
 カルロ・マラッティのイエスを抱く聖母の画は、すばらしい陰影と青い服が効果的に使われています。17世紀気持ちのよい青色が使われだされてきてすごく暗い背景に映えますね。
 ムリーリョのロザリオの聖母も素敵な構図でした。眼差しがすばらしかったです。
Ⅳ 17 世紀の主題:現実の生活と詩情
 ベラスケス、ブリューゲルなど展示
Ⅴ 18 世紀ヨーロッパの宮廷の雅
 ポスターにもなっていたメングスの「マリア・ルイサ・デ・パルマ」はここ。生もちょうどいい大きさで日本の狭い部屋に飾りたくなりますね。
Ⅵ ゴヤ
 ゴヤの作品をこれだけ多く観れるなんてなかったので、いとうれし。
Ⅶ 19 世紀: 親密なまなざし、私的な領域
 フランスでは印象派の時代だっただけに、とても明るいタッチの作品が多かったです。
 日本人の好きな構図や題材、色合いだった気がします。

観終わって思ったけど、やっぱり私は、3階はカーペットを敷かないほうがいい気がします。板張りだと寒いしコツコツ鳴るけど、みんな静かに鑑賞しようとする心遣いが感じられ緊張感でとても心地よく鑑賞できた気がします。

今回は比較的小さい作品を集めたということで冒頭の案内で至近距離で鑑賞してほしい旨のコメントがあったように近くでじっくり鑑賞できました。
ただ、外はかなり寒かったので、コートのままとか重たそうなバッグを持った人たちが多くなってきました。ロッカーはかなり余裕があるので、体はゆったりして鑑賞したほうがいいと思うんだけど、、、、混雑だと小柄な人はコート着てるだけでもちょっと見えずらくなるもんね。「プラド展に来た悪魔」寒くなると増えるかもね(^_-)-☆

公式サイト:http://mimt.jp/prado/

小さい作品が多いが故に、、、妙なことをずっと考えていた。
あの来生三姉妹だったら、予告状だしてもこの大きさなら十分に盗み出すことができそうだなぁ~と。。
もちろん、帰りの電車のB.G.M.は杏里でした~(^_-)-☆

そうそう、目の前の庭のバラはもうピンクの花が一輪だけになってしまっていました(^^)v

nice!(6)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ここんところの・・・・リメイク?オマージュ?なCM [Commercial Films]

これって、、、もう、エヴァンゲリヲンのワンシーン?そしてナウシカのワンシーン?
観る人に「アレ?」と思わせる前にシーンが変わってしまうのがいいですね。
西内まりあのカップヌードル!あっというまに駆け抜けるCMです。



一方、、、酷評されているソフトバンクのCM。
小泉今日子自身も堺雅人自身も悪くないし楽しんでいるが、ファンが多すぎるアニメをおちょくっているような演出がちょっと好感度をさげてしまいましたネ。
特に屋上での写真撮影は、ポーズが全然違う、、、ってわからんかったかな~??
少なくとも、出ている人も作っている人たちもファンと同じくらい観るなり読むなりしてほしかったなぁ~
#青春の1ページとして毎日のように観ていた昔子供の人たちは小さなディティールも覚えているからね(^^)



個人的にはセーラー戦士が大きくなって小泉今日子みたいになってくれたらいいなぁ~と思うが、、。

このくらい考えに考えたマーケティングすると息が長くなると思うが・・・・
だれもが通った道から、容易に未来の姿を想像できるのが好感。シズカちゃんの苦悩も素敵だ。



ワールドワイドだとこれくらい。まあやるならこのくらいのことをやって見せてもいいとも思うが・・・・



これはちょっと特別すぎるか・・・;;
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『俺物語!!』を観てきた!? [映画]

『俺物語!!』を観てきました。

ストーリーは、なんと!予告編のまんま。
観るつもりなかったが、週末のモヤモヤのまま週を明けたくなかったので、清々しい作品を観たくて行ってきちゃった!

短い上映時間ですが、すれ違いの会話が小気味よくてしかも笑えるし勘違いが切ないし、、何とも言えません☆

深夜に放送されているときは見向きもしなかったけど、、少女マンガ原作ということで女子目線のカッコイイ猛男!原作未読ですがマンガの猛男より迫力あるし鈴木亮平だからこそのハマり役でした。これで彼の代表作として「HK変態仮面」とともに愛される作品となることでしょう(^^)v

ヒロイン大和凜子役の永野芽郁さんも、本当に天然ぽくかわいらしかったです。「あまちゃん」の能年玲奈が初めてバラエティに出たときみたいな感じでした(^^)v

なぜか非偶なイケメン役がとても似合う坂口健太郎くん。今回は本当にいいやつでした。
クールな感じも似合いますね(^_-)-☆
猛男に凜子の気持ちを気付かせてあげるくだりはとても美しい友情だと思いました。

予告編であったあのシーンはエンドロールのあとでした。しかも臨場感あった。
きっと本当に奪われたんでしょうね。。。。そして本番は失敗なくできたんでしょうかネ(^_-)-☆

観終わったあと思わず俺も明日からもみあげを伸ばしたくなる作品でした(^^)v

公式サイト:http://ore-movie.jp/

#こころなしか、大男と小柄女子のカップルが多かった気がしました(^^)/

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画