So-net無料ブログ作成

『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』を観てきた!? [映画]

『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』を観てきました。

19世紀を代表する彫刻家であるロダンの没後100年を記念して製作されたという作品です。
弟子であるカミーユ・クローデルとの愛人関係からのやり取りと、内縁の妻ローズとの関係などを作品の制作をとおしてストーリーを構成している。

劇中、モネやセザンヌとの交流の場面も登場します。
また、日本人のモデルでもある花子なんかも登場します。

西洋美術館で観たことのある作品たちが多数ありとても興味深い。
彫刻では
・カレーの市民
 http://collection.nmwa.go.jp/S.1959-0008.html
・私は美しい
 http://collection.nmwa.go.jp/S.1959-0028.html
・地獄の門
 http://collection.nmwa.go.jp/S.1959-0045.html

素描や版画では
・裸の女たち
 http://collection.nmwa.go.jp/D.1959-0066.html
 http://collection.nmwa.go.jp/D.1959-0067.html
・うずくまる裸婦
 http://collection.nmwa.go.jp/G.1959-0025.html

などなど、とても親近感わいてくる。

最後の場面で、彼の作品の行く末に大きく影響した「バルザック像」の展示風景が紹介され、箱根の彫刻の森美術館の様子が紹介されていました。日本のコドモがバルザックで「だるまさんがころんだ」をしていたのが印象的。http://www.hakone-oam.or.jp/specials/2011/hariko/rodan.html


ただ、、、映画作品として、退屈極まりなかった。伝記的な意味合いが強いことなのだろうが、120分の上映時間なのだが、いつ終わるのか何度も時計を観てしまった。

自分なりに原因を考えていたが、なによりB.G.M.がないに尽きる。音楽は流れていたが、全体的には2、3シーンしかなかったです。生活の音しか聞こえないこの作品は日々のセリフでしか抑揚がなくストーリー全体も抑揚がないのが原因だった気がしました。音楽って大切っ!って改めて思った。

公式サイト:http://rodin100.com/

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 4

coco030705

こんばんは。
これはロダンが主人公なんですよね。私は以前観た「カミーユ・クローデル」(1988年)が印象に残っています。主演がイザベル・アジャーニ、ジェラール・ドパルデューでした。カミーユが狂っていくところが、イザベル・アジャーニの迫真の演技でしたよ。
ところで、映画に音楽がないなんてちょっと信じられませんね。映画音楽は映像をより魅力的に、登場人物の心情をストレートに観客に届けてくれるものだと思います。
by coco030705 (2018-01-08 23:47) 

サンフランシスコ人

ロダンは白樺派の人々と文通を行っていたらしいですが、その場面は『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』に登場するのでしょうか?
by サンフランシスコ人 (2018-01-09 08:37) 

TaekoLovesParis

これ、見逃して残念って思ってたのですが、BGMもなく退屈、盛り上がりがないって聞いて、ちょっと安心。無理無理がんばって行かなくてよかった。私もcocoさんに同じく、以前のイザベル・アジャーニのカミーユ・クローデルが涙するほどだったので、行きたいなって思ってたのですが、それを陵駕するものではなかったみたいですね。ローズとの関係とか知ってる一つ一つの作品の名前が出てたので、誘われたのですが、行かなくてもよかったんだ。何でもかんでも褒める人が多い中、こういう正直コメント、うれしいです。
by TaekoLovesParis (2018-01-09 23:36) 

コザック

遅レスすみません(ペコ)

>coco030705 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
カミーユが狂っていくところは、明示的には表現されずエピソードだけが引用されていました。今回はロダン中心なので男目線の作品でした。
私も音楽がないと、こんなにも退屈なのかと改めて気が付きました。たしかにメロディだけで心情を察する場面ってありますよね。音楽の大切さがわかりました☆

>サンフランシスコ人さん
コメさんきゅ(^^)/
白樺派のひとたちは登場しませんでした。どちらかというとロダンの身辺を淡々と描いている感じでした。作品に対する情熱みたいなものは感じられましたが・・・;

>TaekoLovesParis さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
がんばって鑑賞する作品ではなかったです。かといってDVDを借りるほどでもないです。どこかでTV放映されるのを待つのが得策かも。
オトコ目線のちょっとゲスなところも描かれており、ロダンのイメージがちょっと変わりました(^^)

by コザック (2018-01-15 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。