So-net無料ブログ作成

『レディ・ガイ』を観てきた!? [映画]

『レディ・ガイ』を観てきました。

このタイトルと主演がミシェル・ロドリゲスということで、予告の段階からB級感がプンプンしていた作品。期待を裏切らないB級っぷりに満足な作品でした。

殺し屋であるフランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)は、ある人物を殺したミスということで、依頼主から暴行を受ける。気が付いた時に彼は性別を女性に整形手術されていた。フランクは受け入れがたい事実と闘いながらも自分に何が起こったのかを突き止め始める。そこで浮かび上がってきた天才無免許医Dr.レイチェル・ジェーン(シガニー・ウィーバー)。彼女にたどり着くためにあらゆる手段をつかって近づいていく。

ジェーンのシーンは、そのDr.ジェーンの異常行動への審問の場面がちょいちょい差し込まれる。それが現在の彼女の現状であることは作品の最後にわかる。

B級作品ではあるが作りがジェーンとフランクの回想が交錯する作りになっており、なかなか手が込んでいる。低予算ながらもよく頑張った。

殺し屋系のこの手の作品によくある裏切りや復讐が何度か見受けられその単純ながらも複雑なつくりが楽しめる。

性転換させられるミシェル・ロドリゲスは自らが男性時代を演じているが、、、さすがに殺し屋の身体としては華奢すぎる。ひげを生やしていても一発で彼女とわかってしまう。もう少し特殊メイクをしてもよかったのではないか。

女性を受け入れられずに胸をガムテープでぐるぐる巻きにしているが、かぶれないのだろうか心配になってしまった。何度かミシェルの全裸シーンが出てくるが全くお宝映像になってないところはご愛敬(^^)

上映時間も短くてそこそこ楽しめる作品でした。

公式サイト:http://gaga.ne.jp/lady-guy/

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。