So-net無料ブログ作成

東京国立博物館で「博物館に初もうで」に行ってきた!? [美術館]

今年も行ってきましたゼ!なんせ三が日は暇人なもので。
氏神さまより東京国立博物館に初もうで!バチ当たりです。

DSCN2036 (490x367).jpg

本館の入口は素敵な花でいっぱい。

DSCN2032 (490x367).jpg
DSCN2029 (490x364).jpg

その本館まえでは様々なイベントが繰り広げられています。

和太鼓、かっこいいです♪

DSCN1948 (490x367).jpg
DSCN1940 (490x367).jpg

そして獅子舞。今年もガブガブ噛みついてくれていました。

DSCN2013 (490x368).jpg

そして、メインイベントの一つ本館階段の生け花。

DSCN1953 (490x368).jpg

そして、庫出しの逸品たち。。。

DSCN1965 (367x490).jpg
DSCN1967 (362x490).jpg
DSCN1975 (367x490).jpg
DSCN1997 (364x490).jpg

干支である犬特集もやってます。

DSCN1999 (367x490).jpg

そして、東洋館横のホテルオークラレストラン 「ゆりの木」
いつもは長蛇の列なのですが、強風のためか列も少なく、
今年は、画期的な順番システムが導入されておりブラブラしながら時間つぶしました。

DSCN2026 (490x335).jpg

ひとりなので窓際のカウンター。
椿は咲いていましたが、桜の季節はもっと素敵でしょう。

DSCN2027 (490x365).jpg

館内でもイベント、平成館ラウンジではクラリネットのコンサート。

DSCN2033 (490x362).jpg

今日の発見は、、本館の鬼瓦は本当にすべて鬼でした。

DSCN2042 (490x368).jpg
DSCN2047 (490x368).jpg

帰りに正門をパシャリ。もう夕暮れ時になってしまいました。

DSCN2048 (490x361).jpg

そして、配布物等々。

今年も配布されていた塗り絵のカレンダー。
14:30くらいには当日分配布終わってました。

DSCN2054 (490x368).jpg

今年は出だしが遅れ11時過ぎに到着したのだけれど、TOPPAN印刷のシアター整理券。
最終回の後ろから24番目でした。アブナイアブナイ。

題名は、「風神雷神図のウラ-夏秋草図に秘めた想い-」

尾形光琳の「風神雷神図屏風」の裏に描かれた、酒井抱一の夏秋草図屏風。
時代も合わないのに、なんでだろう~なんでだろう~なんでだなんでだろう。
実は酒井抱一は尾形光琳の大ファン。100年後に幕府から依頼があった。
それをどのような図柄にするか悩んだんでしょう。
現代映像でこの表裏を透かして見ると、、、、
雨に首を垂れるユリや薄、その裏には雷神、、
強風に倒れそうな薄や葛、その裏には風神。
素敵過ぎる物語ですね(^_-)-☆

これが無料で観れたのは初もうでだから。
そしてお年玉に2枚の無料券も入っています。

DSCN2051 (490x367).jpg

そのほか、ミュージアムショップ。
最近手ぬぐいを買うことが多いです。
いろいろ使い道が多い品物ですもんで。

DSCN2050 (490x363).jpg

今年のオマケは。やはり卓上カレンダー。お題は「考古」でした。

公式サイト:http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=9407

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 4

coco030705

こんばんは。
干支の犬の置物やカレンダーの子犬ちゃんも可愛いこと!
ほしいな~☆ 「風神雷神図のウラ」も興味深い物語ですね。
色々なイベントもあり、生花も豪華。お正月ならでは。お食事も美味しそうでいいお正月でしたね。
私は猫好きですが、犬も好きです。動物が好きです。

by coco030705 (2018-01-03 23:47) 

コザック

>coco030705 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
毎年TOPPANシアターは見せてもらっているが「風神雷神図のウラ」は、題材もよかったが、映像的にもとても興味深かったです。TV放映でもしたらよいのにね(^_-)-☆
新年用の庫出しの作品がたくさんあり、特に毎年干支の部屋にはこれでもかというほど干支の作品が用意されています。動物好きのcocoさんも楽しめると思いますよ☆
by コザック (2018-01-08 09:46) 

TaekoLovesParis

何年か前に行ったけど、お正月の博物館詣ではいいですよね。獅子舞に生け花と行事もあって、華やぎますね。ご飯も華やいでますね。
私が行ったときは、風神雷神の実物が展示されてました。干支にちなんだ展示物っていうのもいいし、写真、撮れるのもいいですよね。
by TaekoLovesParis (2018-01-09 23:46) 

コザック

遅レスすみません(ペコ)

>TaekoLovesParis さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
三が日は、いろいろイベントをやっていて楽しいです。どれもこれもその道のプロが提供するものなので、入場料だけですべて堪能できるのが素敵です。
風神雷神図屏風の実物って観たことある記憶はあるのですが、いちどマジマジと鑑賞してみたいですね(^_-)-☆
毎年楽しみなイベントになりつつあります☆
by コザック (2018-01-14 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。