So-net無料ブログ作成

ホキ美術館で「画家の眼がとらえた美」展を観てきた!? [美術館]

[るんるん]ふとした瞬間に~視線がぶつかる~ 書店でこんな本にブツかりパラパラ☆

息をのむ写実絵画の世界 美しき女性像

息をのむ写実絵画の世界 美しき女性像

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日東書院本社
  • 発売日: 2017/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

千葉に行く用事もあったのでだいぶ遠回りだが立ち寄りました。
用事をそうそうに済ませて11時前には到着。

何かと今年は、何が写実なのか、何がリアルなのか。。という命題にぶつかります。
そのたびに・・・・[るんるん]どうにかなーるさと、おどけて見せるの。。。(^_-)-☆

HPのアクセスだとだいぶ道順がむつかしいですが、高速の中野IC下りてからは3回曲がるだけで到着します。まぁそのぉ~目白の家から新潟の家まで曲がる回数と一緒です。(カクエイサン?)

DSC_0399 (490x247).jpg

日曜日だけど、駐車場に止っている台数の割には混んでいました。

外観はこんな感じ。

DSC_0403 (490x275).jpg
DSC_0414 (490x274).jpg

いざ入館。
見始めたら、、、なんと1番目の展示室だけですが無料の解説をしてくださるということで帯同。30分ほどだけど、これから館内を回るのにとても役に立つ知識を授けてくださいます。
写実とは何ぞやから、画家さん個人の情報などなどとても興味深いです。

ここの展示は、400数点あるがほぼすべて存命の画家さんなのだそうです。
亡くなっているのは2,3名ということ。なので画風が変わっていく姿を鑑賞できるのだそうです。
そういうことなので、画家さんが美術館に訪れて解説してくれたりすることもあるんだそうです。

・森本草介さん
 セピア調の背景に女性の背中が印象的。全般的にこういう画風なのだそうです。
 一昨年お亡くなりになったということでとても残念です。
 この方の描く女性は、とにかく髪の毛の一本一本がとてもキレイ。
 油彩でこの細密繊細さをどのように描いているのか興味津々です。
 あとは、、、薄い肌に透ける静脈がきれいでした。。。。

DSCN1733 (490x368).jpg

・島村信之さん
 この方の裸婦もとても印象が残ります。
 正面がないのですが顔を描いているので表情が写真よりもリアルです。
 そして虫フェチなんだそうです。
 とても精細でその描いている様はヨウツベで公開されているようです。

DSCN1734 (490x361).jpg

このお二人は、絵葉書買っちゃった☆

・五味文彦さん
 今回の特別展示の展覧会の表紙にもなっている方。
 樹影がこの美術館で好評だったのでシリーズ化したのだとか。

DSCN1736 (490x366) (366x490).jpg

・小尾修さん
 レモンが一番むつかしいと言っているとのこと。
 しかし最近ザクロのほうがむつかしいと変わったそうなんです。
 
・大畑稔浩さん
 廃墟というか廃れたものを写実します。その絵の題材を作品に取り込むそうです。
 砂とか、草木とか。。。

・石黒賢一郎さん
 ガスマスクシリーズとアニメフィーチャーが有名。
 モデルは奥様や娘さんなのだそう。
 なんでも、大きな作品を開館時に依頼したがなかなか届かない。
 しかたなく納品したが完成ではないということで展示の閉まった夜の間に
 少しずつ描き足し完成させたのことです。

などなど小ネタたくさんの解説でした。

そして館内はギャラリーが9室あるのですが、どの部屋もゆったりとした展示で画に集中できるようになっています。なんでも鉄の壁でマグネットで展示することで、レールなどのものを排除しているのだそうです。

いやぁ~2時間くらいのひと時なのですが、、、もっともっと長い時間を過ごしたい美術館でした。1800円と入館料はちょっと高めですが、それに相当する。。いやそれ以上の価値のある時間を体験させてくれました。。(^_-)-☆


ひととおり鑑賞おわり昼食。レストランもあったのですが、コースのみで時間もないし量も多めだったので、カフェでハヤシライスを食す。量もちょうどよし。

DSC_0409 (490x272).jpg

そのあと、、隣にある昭和の森公園を軽く散策!!!!

・・・・と思いきや、広い!広すぎる!!(埼玉銘菓十万石饅頭ふう)

DSC_0420 (490x275).jpg

これ、ゴルフ場じゃないですよ!

突然山あいに出現する長い長い滑り台。もうジブリの世界です(^^)

DSC_0422 (264x490).jpg

湿生植物園・・・この時期何もありません。。

DSC_0426 (490x275).jpg

池。

DSC_0429 (490x275).jpg

あまりの広さに、道もあぜ道あったり、獣道あり、スズメバチにも遭遇したりして、、あぶなく遭難するかと思いました。

(連日ですが)汗びーーっしょりになってようやくクルマにたどり着きました。
帰りは事故渋滞にあったりして、なかなか東京に入れず苦労しました。
#「負けないで」を聴いて帰ったから大丈夫(^^)v

公式サイト:https://www.hoki-museum.jp/

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 4

coco030705

こんにちは。
森本草介さんのヌードは、女性が観てもきれいで惹きつけられますね。島村信之さんの昆虫は、絵画なんですか?写真にしか見えませんが……。五味文彦さんのポスター、もちろん写真でしょ?影がありますもの。これは女性好みかも。
美術館のカフェ、いいですね。私も一人で行くときはだいたい美術館のカフェでランチします。なかなかおいしいし、ウェイトレスの人とか感じがいいのが気に入っています。
お庭はこの時期には広すぎますね。ゴルフ場みたい。(笑)

by coco030705 (2017-08-07 11:14) 

TaekoLovesParis

ここ、行きたいと思って、もう何年かが過ぎ。。。
ホギ・メディカルという医療用品の会社がやってる美術館なんですよね。医療用品かなり儲かるんですね。
写実絵画はわかりやすいので好きです。特に風景とか静物を居間に飾るのが好きです。ヌードもきれいだなぁと感心して眺めますが、うちの部屋には。。。特に森本草助のヌードは繊細で美しい。陶器のような肌という表現がありますが、その通りですね。
風景が好きなので、青木敏郎も好きです。若手の塩谷亮、絵だけでなく、本人がとってもハンサムで気品があります。数年前、友達からすすめられて展覧会に行ったら、お客さんは私だけだったので、いろいろ話してくださいました。
森本、青木クラスは小さな絵でも100万円以上するんですよ。

レストランはコースのみ、なんですか。敷居が高いんですね。ここだと周りに食べるところがなさそうだから、レストランかカフェに入りますよね。それにしてもゴルフコース並みの広さのお庭には、驚きました。
どんなところなのかな?と思ってたので、記事、役に立ちました。ありがとう。



by TaekoLovesParis (2017-08-08 00:07) 

サンフランシスコ人

風変わりな美術館みたいですね....
by サンフランシスコ人 (2017-08-08 03:13) 

コザック

>coco030705 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
こんばんは森本草介さんのヌードは、まるで本物です。
背景がセピア調というのも現実を思わせるのカモね(^_-)-☆
五味さんのパンフ・・・・すみませんヨレヨレなのは公園散策の際に汗でヨレてしまいまいた。本当はもっと精細でキラキラ感あります。ぜひどこかで実物観賞してみてください。
美術館自体は、ウナギの寝床という感じで細長く、デッドスペース的なところにカフェを作っています。実はここから見える一般のお宅がとてもおしゃれで美術館の横に住んでいる方!って感じです。
お庭・・・・書き方悪く誤解させてしまいましたが、単に隣にある巨大な公園になります。まぁ美術館的にはお庭と言ってもおかしくないですが・・・来週、ここで花火大会があるらしいです。

>TaekoLovesParisさん
nice!コメさんきゅ(^^)/
私もナンジャこの変な名前の美術館。箒の美術館?とか思ってました。
たまたま行こう!と決意させてくれるものに出会ったので行ってきちゃった。
ホギさんという方は、肖像画が2点飾ってありましたが医療用品の社長さんなのですね。コレクション多数なのも納得。
ここにあるヌードは本当にキレイだなぁとみってしまい時間を忘れます。
解説の方が存命の時には森本さんの画は日本人で最高の値段が付く画家だと言っていました。凄いですね。私も100万円だったら買いますが(ウソ)、なかなか彼の画は売りに出ないので初めての購入の際には森本さんに頼んで画が出来上がる前に購入したんだそうです。
レストランは、、「本日は」と書いてあったので平日は大丈夫かもしれません。コースもそんなに高額でなかったので入ってもよかったのですが、時間を気にしてカフェにしちゃいました。
お庭・・・・誤解させてしまいました。たまたま隣にある巨大公園のことです。
でも雰囲気はいい感じで似合っているでしょ(^_-)-☆
是非ドライブがてら行ってきてください。Taekoさんの眼を通した感想を聞いてみたいです☆

>サンフランシスコ人さん
コメさんきゅ☆
風変り・・・だと思いますが、日本の存命写実画家の作品のコレクションとしては日本で一番だと思います。千葉の奥の方なので行きにくいですが・・・。


by コザック (2017-08-09 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。