So-net無料ブログ作成
検索選択

氷雨のなか、国立国際美術館で「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を観てきた!? [美術館]

♪外は冬の雨ぇ まーだやまぬ~この胸を濡らすよに傘がなーいわけじゃないけれど、、帰りたくない~、、、仕事だから帰れないんだけどね(^_-)-☆

国立国際美術館で「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展を観てきました。

DSC_5816 (480x262).jpg

一度この翼?を観てみたかった!

DSC_5821 (480x270).jpg

アカデミア美術館所蔵のヴェネツィアの画家たちによるルネッサンス期の作品を中心として展示しています。

以下公式HPより抜粋。
「ルネサンス発祥の地であるフィレンツェの画家たちが、明快なデッサンに基づき丁寧に筆を重ねる着彩、整然とした構図を身上としたのに対して、ヴェネツィアの画家たちは、自由奔放な筆致による豊かな色彩表現、大胆かつ劇的な構図を持ち味とし、感情や感覚に直接訴えかける絵画表現の可能性を切り開いていきました。 」
たしかに色彩豊かでした。衣服の起毛の質感などこの時期から感じられるものとなったのでしょうね。

ヴェネツィア絵画の祖、であるベッリーニ、その聖母子。背景などの解説についてもとても興味深いものとなっていました。

そこからのヴェネツィア絵画の黄金時代。ティツィアーノが熟成させた手法を次代のティントレット、ヴェロネーゼ、バッサーノなどの作品を展示。聖書の主題などを壮大な構図で描かれているのがわかります。

歴代の財務官の肖像画が並んでいたのはちょっと微笑ましい作品群でした。


ここでは、当日別の展示も実施されており、「THE PLAY since 1967」

DSC_5818 (480x263).jpg

体験・実行することを中心に関西で活動する美術家集団の証跡を追った展示でした。

この櫓は、雷を被雷させてみるというもの。面白い試みですね。

DSC_5817 (270x480).jpg

これは、この板に乗って漂流するもの。これも面白い。

DSC_5819 (270x480).jpg

大真面目に体験を主眼に活動しているところが本当に面白いことを企画する前衛芸術集団です。

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/venice2016/
      https://www.fashion-press.net/news/22787

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: