So-net無料ブログ作成

『アデライン、100年目の恋』を観てきた!? [映画]

『アデライン、100年目の恋』を観てきました。
外出からそのまま立ち寄ったのでつかれました;;

一度は、候補から外れたのだが、鑑賞した方々の評判がいいので観て観たくなり行ってきた。
#人に流されやすい性格;;

いやあよかったですね~オトナのおとぎ話(私が書くと淫靡に聞こえる;;)という感じでした。

物語は、アデライン・ボウマンの半生です。結婚し子供も授かったアデラインは、帰省のおりにクルマの事故がキッカケで歳を取らない身体になってしまう。それがわかってからは、大学生の娘を捨て数年おきに身分や名前、住む土地を変えて転々としていた。そんなある時、無理やり出席させられたパーティでエレベータに飛び込んできた若者に口説かれる、、、彼を拒んでいたものの娘にも逃げ回る日々を止め新たな一歩を勧められ付き合うことに..。そんなある日両親の結婚40周年のパーティに呼ばれ同席するが、父親はかつてロンドンで出会ったウィリアム(ハリソン・フォード)であった。あまりに似ていて感動的な再開だが、彼女はそれは母親だと言い逃れるが、ひょんなことから、ウィリアムは彼女が本人であることを知ってしまう。。。

本当にファンタジーでしたね~
アデラインを演じるブレイク・ライブリーは本当に上品な美しさで、しかも頭脳明晰で魅力的な女性を演じていました。これだったらエリスじゃなくても、ウィリアムでなくても、チャン・カワイ(Wエンジン)でなくてもこう言うことでしょう。

「惚れてまうやろ~気を付けなはれや!」


107歳にして本当の恋に再び目覚めた、アデラインの顏だちはよかったですね。
おなじ二度目の恋に目覚めた鈴木京香のセカンド・バージンのドロドロ具合とは全然違って清々しい終わり方でしたね。

ちょうど今日病院の待合室で読んだ週刊誌に、似た記事が掲載されており、人間は120歳まで生きられるとのことでした。心臓の筋肉も脳細胞もはたまた一般細胞もあらかじめ分裂の回数が決められており、回数から逆算すると120歳まで生きられるんだそうです。そもそもアデラインは新陳代謝が止まってるということなのですが、代謝が止まるということは髪の毛も伸びないしケガとかでキズを負ったら治らないのではないか・・・でもあの物語のカギとなる縫い傷はあったし、、、、;(だから科学では説明できないと言っていたのか・・;)

最後のあのシーンは解説は無用だったと思います。日本人ではないので分かりずらいですがアレを見つけてあんなに喜ぶ女性はいないでしょう。(ネタバレになるのでこの辺まで)
最後の表情はとても未来の幸せを感じさせるものとなっていましたネ(^^)/

公式サイト:http://adaline100.jp/

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 2

青山実花

これは良い映画でしたね。
現実的な私でも納得できるような
素敵なお話でした♪

確かに色々考え出すと、
代謝の問題など、疑問が出てきますね^^;
私が一番気になったのは、
子供は生めるのか、という事です。
まぁ、あまり深く考えるのはよしておきます(笑)。

by 青山実花 (2015-10-25 20:43) 

コザック

>青山実花さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
よい作品でしたね~(^^)v
そうか・・子供はどうなんでしょうね..気になりますね。
とはいいつつ私もこの作品全体を取り巻く素敵な空気感がたまらなくよかったので、深読みは野暮ですね(^^;;
by コザック (2015-10-26 00:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1